2011.01.09 ボディ





雪華綺晶用ボディの塗装落としをしつつ、翠星石と蒼星石の正式ボディも作る事に。

実は今までずっと余ってるボディの使いまわしで仮ボディだったので。(^^;


今現在翠星石に使っているのは旧13SD"のの"のボディ。

通常のSDと違って、膝の球体がすね側ではなく太もも側に付いていて、膝関節がこれだけ曲がるのが特徴です。

でも、そのせいで座らせにくくて扱いにくいんですよね。 (90度位置でぴたっと止まらないので)



蒼星石には旧ノーマルSDのボディのウェストを細く削った物を使ってました。

単純に余ったボディを利用していたのですが…。



双子設定なので、この際同じ仕様のボディに統一する事にします。

ノーマルSDのボディを1cm詰めて、足はノーマルをそのまま使います。
真紅よりは背が高く、水銀燈よりは低い。

水銀燈はロング足なので、詰めなくても条件は満たせますが、翠星石と蒼星石に使っている靴は厚底なので身長が高くなっちゃうので。

ボディの線は詰める箇所を鉛筆で書いたもの。

股関節に球体の付いた1番足のストックはこれで使い切ることに。
ローゼンメイデン以外では使いにくい足だったのでちょうど良いですが。



とりあえずプラのこぎりで切断したところ。

これからエポキシパテでつなぎます。

真紅、雛苺、金糸雀に続いて同じ改造をする事に。
この二人は胸は削らないつもりなのでその分は楽です。

雪華綺晶は可動部分で少し短くするつもり。



TOP