2011.02.11 E-PL2



オリンパスの E-PL2ボディと外付けファインダーの VF-2 購入。
VF-2 が使いたくて、パナソニック LUMIX GF1から乗り換えです。

あと、測光精度がGF1より良いのを期待して。

左写真のレンズは先月購入したパナソニックの7-14mmF4。

オリンパスワイヤレスRCフラッシュシステムが使えるようになったので、 さっそく FL-36R をワイヤレスで使って撮影。

RAWで撮って、付属の OLYMPUS Viewer 2 で現像してみました。



アートフィルターの「ドラマチックトーン」を適用してみました。


ワイヤレスストロボの設置。
左がオリンパスの FL-36R、右は普段使っているキヤノンの580EX。

FL-36Rをワイヤレスモードに変更しても、デフォルト設定ではカメラから調光補正をコントロール出来ないのでカスタム設定の発光量補正の項の変更が必要です。
(マニュアルのワイヤレスフラッシュの項に何も書いてないのが酷い…)

オリンパスワイヤレスRCフラッシュシステムはキャノン同様に 複数のストロボを A,B,C 3つのグループに分けて制御することが出来ます。
メインストロボの他に背景用にもう1灯 FL-36Rが欲しいところですね。



GF1 と比較して、EVFとワイヤレスストロボの2点が大きく優れている点ですが、 他にも、カスタマイズ機能が豊富だったり、AFフレーム選択をボタン1発で全自動か中央一点に変更出来たり、リアルタイムのヒストグラムが見やすかったり(GF1にもあるけど、表示幅が狭くて見づらい)
良いところは多いですね。

逆に良くない所は、AFフレームを小さく出来ない点と、コントロールダイヤルのクリック感が無いので、これだけ回したので+−幾つになっているハズという事が指先でわかりにくい事 (画面で確認するしかないが画面の更新はワンテンポ遅いので使い勝手が非常に悪い。GF1なら見なくてもわかる) 、RAW現像ソフトの使い勝手が悪いことでしょうか。

RAW現像ソフトのOLYMPUS Viewer2 は、RAW現像の画面を閉じると現像パラメータを綺麗さっぱり忘れてしまうので、後から特定のファイルの現像パラメータを確認しようとしてもわからなくなります。再調整したい場合は一からやりなおしです。
(現像パラメータのみを任意で保存する事は可能なので、よく使う設定を使いまわす事はできますけども)
1枚変更して、他の画像に移るたびに保存ダイアログが出るのも鬱陶しいですし、 キヤノンのピクチャースタイルエディタやSILKYPIXのファインカラーコントローラ相当の機能が無いのが痛いですね。
早く SILKYPIX が E-PL2 対応になってくれれば良いのですが…。


TOP