2011.03.02 乾燥





乾いて元通りに。

前回の写真にコメント色々ありがとうございます。

錆るパーツは無いので濡れてもまぁまぁ大丈夫です。心配するとしたら、テンションゴムが伸びちゃうかもしれないぐらいですけど、伸びたら交換すれば済みますので。

服は濡れても大丈夫ですが、靴は濡らしたくないので履かせないで撮影しています。

ちなみにシャワーの水量はMAXです。昔撮った時のは水が当たってる感が無かった反省から、 水しぶきがしっかり出るように。
わかりにくいかもしれないけど、真紅も濡らしてあります。

水銀燈と真紅には股下スタンドを使用してます。
あと、シャワーの固定に腰支えスタンドを使用。スタンドにくくりつけています。

カメラはいつものEOS 7DとレンズはEF35mmF1.4L USM。
脱衣所側から撮っています。
普段は三脚は使わないのですが、今回は4秒のスローシャッターで撮っているので三脚とリモコンも使っています。

照明はスピードライト 580EX を2台。

そういえば、今度発売される スピードライト 320EXはストロボ本体に シャッターボタンが付いててリモコンにもなるんですよね。今回のような撮影には1台2役に対応出来ますね。
430EX IIでは省略されてしまったスレーブ切り替えレバーも、電源ボタン兼用で復活しているのも良い所。
あと、新型の270EX IIもリモート発光対応になるし、結構安価に多灯撮影が可能な環境が整ってきましたね。




あと、質問に対する回答です。

Q:私も最近カスタムにはまってるのですがヘッドを削った時でる傷はどうやって消してますか?

A: 削る時は、耐水ペーパーの180番、400番、1000番と数字が小さい順にかけて行くのが基本です。手間を惜しまなければツルツルになります。
そういうレベルではない深い傷を誤って付けてしまった場合は瞬間接着剤なり、パテなりで埋める事になります。改造する場合は模型のテクニック本とかを読んでおいた方が良いと思います。


TOP