2011.04.21 TS-E


前回入手したTS-E24mmでパチリ。F3.5開放。

顔とつま先にピントが合うようにティルトでピント面をほんのちょっぴり傾けています。

煽りや俯瞰構図には便利に使えそうです。

EF24mmF1.4L IIと用途がモロかぶりですが…。

TS-EレンズはMFレンズなのがちょっと不便ですね。フォーカスエイドが効くのでセミAFってところですが。
ただ、シフト量が多いとフォーカスエイドが効かなくなるので完全MFになります。

シフトはAEも正常に効かなくなるのでマニュアル露出モードで使うことになります。

前に突き出した杖の先から顔までピントを合わせるのに、普通のレンズだと F16まで絞らないと無理な所をティルトで F4で。

被写界深度が深くなる訳ではなく、あくまでも斜めにしているだけなので、 ピント面から外れた左手袋などはボケていますし、この写真ではわかりにくいですが、 向かって右の背景にもピントが合ってしまいますので、 極端なティルトは使いどころが結構難しいです。

尚、ティルトは360度どの方向にも利かせることが出来ます。
クリックストップするのは30度単位ですけれども。

シフトして撮影。
シフトは写る範囲をずらすことが出来る機能です。

特定方向にのみパースを付ける効果をトリミング無しで実現出来ます。

これは予想外に使えます。ずっと17mm付近の単焦点が欲しいと思っていましたが要らなくなりました。
EOS 7D + TS-E24mmF3.5L


TOP