2011.09.08 ST-E2



波〜




最近、たまに ST-E2が誤動作するようになってしまいました。 ST-E2は 2CR5電池で動くのが大きな不満点で、単3電池で動く新型が出るのを首を長くして待っているのですが、一向にでる気配がありません。

最近、YONGNUO というメーカーから互換品が出ていると聞いたので、試しに買ってみました。 (写真 左がキヤノン製、右が YONGNUO製)

製品型番が同じST-E2ですし、見た目も背面パネル以外は丸コピーって感じですが、 YONGNUO製は 2CR5 電池ではなく、単3電池2本で動きます。もちろんエネループも可。


何気に、キヤノン製には無い首振り機能が付いていたり…
キヤノン製より、遠距離まで届いたり…

カメラとの接続部がキヤノン製は樹脂製なのに、金属製になっていたり、 色々グレードアップしています。

しかも、キヤノン製は、EOS 5DmarkIIや、40D 等で使うと中央上下のAFフレームで AF補助光が点灯しないという問題がありますが、YONGNUO製では点灯します。


うまい話ばかりかと言うとそうでもなく、 左写真の様にキヤノン製は AF補助光の点灯部が2つ入っていますが…

YONGNUO製は中央に小さく1個という手抜き仕様になっており、 EOS 5DmarkIIの場合だと左右端の AFフレームが微妙に光の届く範囲から外れます。
首振り機能を使って首を微妙に斜めにすればカバー範囲に入るのは御愛嬌ですが…。

だだ、その首振り機能を付けたせいでST-E2本体の背が高くなっており、下のAFフレームも範囲から外れ、こちらはどうにもなりません。なんで発光部の位置を下げなかったのかと…。

発光自体も弱いようで、キヤノン製は真っ暗闇で使っても即座にAFが合焦しますが、YONGNUO製はちょっと遅れます。

AF補助光以外の問題点としては、ST-E2の信号そのものが被写体に乗り、赤かぶりする事があるので首を横に振って被写体に向けないようにするか、 発光部にIRフィルタを貼り付けて光をカットするなりした方が良いです。 (キヤノン製はそういった問題はありません)

あと、キヤノン製は2分ぐらいでオートパワーオフし、シャッター半押しで復帰しますが、 YONGNUO製はオートパワーオフまでの時間が結構長く、カメラ側の操作では復帰しないので、再び電源ボタンを押す必要があります。
しかも、電源が切れるとグループ制御の設定値が初期化されてしまうので再設定が必要です。

キヤノンの電源ボタンはスライドスイッチですが、YONGNUO製はボタン式でしかも1〜2秒押しっぱなしにしないとON/OFF 出来ないのがちょっと使い勝手が悪いです。

通常の発光、グループ制御等はキヤノン製と同様問題なく動作しています。
いくつか弱点はあるものの、エネループが使えるメリットが大きいですね。

ちなみに付属のマニュアルは英語と中国語です。


キヤノンはさっさと ST-E3 を出して欲しいです…。
・単3電池対応に
・Cグループのリモート調光可能に
・マニュアル発光のリモート光量制御可能に
・AF補助光のカバーエリアを完璧に


TOP