2011.12.11 320EX


来週はドルパですね〜
今年のイベントもそれで終わり。1年を振りかえる時期になりました。

今年は、雪華綺晶が完成したのと、翠星石のボディが専用のになったのと、 ヘンリエッタのボディのメンテをしたぐらい。後は例によってやり掛けが沢山。(^^;

初めてのレンタルスタジオ撮影とかもありました。

カメラ関係は台数は2台のまま変わってませんが、 EOS 7DからEOS 5D MarkIIに乗り換えフルサイズに移行したのと、 LUMIX GF1 からE-PL2 に乗り換え、さらに E-PM1 に乗り換えてお手軽カメラも良い感じに小型軽量になりました。

年々色々機材が揃ってくると、だんだん必要性が低い所にまで手を出して来たりしてきりが無いです。今年は魚眼レンズと中望遠マクロに手を出したので、あと無いのは超望遠ぐらい。

イベント用にスピードライト320EXを購入。
写真は左から 580EX(旧型)、430EX(旧型)、320EX。

320EXは2世代新しく LEDライトが付いていたり、シャッターボタンが付いていてリモコンになったりと多機能です。それでいてこのクラスの純正ストロボとしては非常に安価で、数を揃えやすいのが良いですね。

430EXや430EX IIと比較して劣っているのは、発光量が1段分少ない、ストロボ側でマニュアルで調光補正出来ない、AF補助光の発光部が無いのでAF補助光は内蔵ストロボと同じくストロボ発光部がバチバチ光る方式、な事ぐらいでしょうか。
AF補助光発光部が無いのは残念ですが、スイッチ類がスライドスイッチになっているのは高評価。

撮り比べ。とりあえず蛍光灯1灯のみ。この暗い条件で比較してみます。

LEDを点灯。結構明るいので影も強く出ています。
もっと明るい所で使えば影もそんなに出ませんし、 瞳のキャッチライト用には良いかもしれません。

320EX単体で懐中電灯になります。LEDのON/OFFボタンが押しにくいので使い難いですけど。



影取りジャンボを付けて、LED光を拡散。

補助光としては使えるかも。

ストロボを直射。

影取りジャンボを付けて、ストロボ光を拡散。

調光補正をちょっとマイナスにすればもう少し自然になると思います。

ワイヤレスでバウンス。


TOP