2012.12.30 年末



今年も終わりですね。

今年のドール関連は、ほむほむ作ったぐらいで他にドールは増えてないです。
以前なら手を出さなかった、振袖やらフリフリの服なんかは結構増えました。

カメラ関連は今年は入れ替えが激しかったので詳細は省略。
買った物の中では 5D MarkIII と EF85mmF1.2L II USM が特にお気に入りです。


EF24-70mmF4L IS USM を買ったばかりなので、性能把握の為、歪みの確認をしてみました。
歪みは風景などでは気になりませんが、顔が歪むのはとても気になるものです。 よその子などを撮る分には気づきませんが、見慣れている自分ちの子を撮ると「あれっ?顔が縦長!?」とかすぐ違和感を感じるからです。

上の様に全身を端の方に寄せた構図で写真を撮ると、レンズの歪みの差が顕著に出てきます。
左の写真は上の写真の顔部分を切りだした物で、比較がわかりやすいように顔を赤い枠で囲んでみました。

レンズは EF50mmF1.2L USMを使っています。このレンズはGANREFのレンズテストによると -1.23%の樽型の歪みがあるとの事ですが、特に違和感はないのでこれを基準に考えます。
尚、より安価な EF50mmF1.4 USMや、EF50mmF1.8 IIはもっと歪みが少ないようです。

カメラを三脚で固定して上と同じ位置から同じ範囲が写るように EF24-105mmF4L IS USM で撮影しました。

赤い枠のサイズは上と同じで顎の位置で合わせましたが、頭が上に飛びだしているのがわかると思います。これは頭が左上方向斜めに歪んで縦長に写っている為です。気づいてしまうと結構ショックです。

このレンズの50mm域には1.72%の糸巻き型の歪みがあるそうです。 糸巻き型の歪みはどうにも目立ちやすい傾向にあるようです。


同様に EF24-70mmF4L IS USM で撮影しました。こちらも 24-105mm同様に縦長に写っていますが、横方向も少し広い為、違和感が微妙〜に緩和されています。
24-105mmよりズーム比が小さくなったのでもうちょっと改善して欲しかったなぁというのが正直なところです。

あと、24-105mmF4Lの方は開放からバリバリのシャープな写りなのですが、24-70mmF4Lはちょっと甘いので1段絞った方が良いみたいです。


さて、EF24-105mmやEF24-70mmを お高いレンズのクセに… と思われたかもしれませんが、 F2.8通しを除いて、他社ズームレンズの方がよっぽど歪が大きいので、フルサイズ用レンズとしては、まぁマシな方です。
歪みを気にするなら単焦点レンズを使うのが無難です。あるいはソフトで補正するか。
APS-Cだと、EOS KISSのキットレンズ EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS の標準域 35mmは歪みがほとんど無いみたい。

今回の話は、あくまで端に顔が小さく写るようなケースでの話です。もっと顔が大きく写るように撮れば歪みはわからないです。



TOP