2013.04.06 ST-E3-RT



しばらく使えなかった撮影台が復活したのでエッタをパチリ。



く の字
[EOS-1D X + EF85mmF1.2L II]



 導入してから9か月経つので今更なのですが、過去 ST-E2 の話をあれこれ書いておいて、ST-E3-RT の話を書かないのもなんなので少し。

 写真中央下が ST-E3-RT です。その他3台がスピードライト600EX-RT です。

 旧機種のST-E2 は2CR5電池で動作し単3充電池が使用できないのが一番の不満点でした。あと、ストロボのグループ制御機能も2グループまでしか設定できない弱点もあったので、待ち望んでいた後継機種 ST-E3-RT が発売されたので導入しました。

ところが…

 単3電池で動作する、グループ制御が5グループまで行ける…とここまでは不満点が解消されていて良いのですが、ストロボとの通信方法が赤外光から電波式に変更された為、従来の赤外光式のストロボと互換性が無くなってしまいました。

その為、今まで使っていた スピードライト580EX 2台と、430EX 2台を手放し、代わりに新型の 600EX-RT を3台導入するハメになりました。600EX-RT は赤外光と電波の両方に対応しているのに、なんで ST-E3-RT は両対応にしなかったのか…。

 電波式は赤外光だと不発になるような酷い配置をしても余裕で発光してくれたり、距離も遠くまで行けたりと言った信頼性の高さというメリットがあります。不発の心配が無いのでストロボの受光部の向きに気を付ける必要が無いのは楽です。

 また、赤外光の方はチャンネルを変えれば同時に4人まで使用可能ですが、ST-E3-RTの方は10000人まで行けるので事実上無制限です。

 ST-E2 にはあった AF補助光機能が ST-E3-RT では無くなってしまいました。暗い所で撮影する時には必須だった為大きな問題でしたが、新しめのカメラのAFの方が暗所に強くなってきているのでそれほど困っていませんが、AF補助光があれば真っ暗闇ですら撮影できるので出来れば付けて欲しいなぁと思います。

 ST-E2 はマニュアル発光モード時に発光量をカメラ側制御できませんでしたが、ST-E3-RT では可能になりました。

 ST-E2 は機能がシンプルでグループごとの発光量を背面のボタンで簡単に操作出来ていましたが、ST-E3-RT では機能が色々増えたせいでボタン操作がかなり煩雑になりました。グループごとの発光量を変更するのに何度も操作が必要で、使い勝手が非常〜に悪くなりました。

 カメラ側の外部ストロボの機能設定画面の方が使い勝手が良いのでそちらを使う手もあります。EOS Kiss X7i や X6i、60D のように内蔵ストロボにマスター機能がある機種はクイック設定画面から機能設定画面を呼び出せるので良いのですが、 内蔵ストロボ or マスター機能の無い 1D Xや 5Dmk3、Kiss X7 などはクイック設定画面に ストロボ機能設定画面を開くアイコンが無いのが困りものです。ここはファームアップで改善して欲しいところです。




TOP