2014.06.28 三脚



拍手や色々感想ありがとうございます。
今年に入ってから、外で撮るようになって、すっかりアウトドア化してます。
15kgを超える荷物しょってで半日歩きまわるのでなんだかとっても健康的です。



さて、野外でドールを撮る時は大抵三脚の上に乗せているのですが、 左の写真は、三脚の雲台がドールを乗せた状態で45度ぐらいの角度での固定に耐えられるか実験したものです。ドールとスタンドの合計重量は1.7kgほどです。これだけ大きな物を斜めにしていると雲台もスペック通りの耐荷重は持ちません。

今までドール用三脚で使ってきた SUNWAYFOTO の FB-36(ボール径36mm)ではこれに耐えられず徐々に下がっていくのですが、BENRO のフラット三脚C1192Tに付属の B0雲台がボール径30mmしか無い割にこれに耐えられる事に先日気付きました。

小さくて軽いからと思って試した事も無かったのですが、意外と良い物だったようです。

スペック上は、FB-36が耐荷重18kgなのに対して、B0は8kgなので、後者が圧勝するとは思わないですよね。

ちなみに、SUNWAYFOTO の FB-44(ボール径44mm) も持っているのですが、 こちらは上記に耐えられるので、必要に応じてこちらを使っていたのですが、これからは軽量コンパクトな B0で十分のようです。

三脚本体は、Gitzoのマウンテニア 0型4段を使っています。
以前は、ボークスのドールバッグにドールと三脚を2本詰め込んでいたのですが、 三脚が太いとパンパン過ぎてチャックを閉めるのも大変だったので、 とにかくたたんだ時にスリムな事、それでいて丈夫な事と言うことにこれに落ち着きました。

ストロボorカメラ用には伸長が必要なので、マウンテニア1型4段を使っています。センターポールが1型と0型では同じなので共用出来て何かと便利です。



あと、どうしても3本必要な時の予備に前述のBENROのフラット三脚(写真右)を使用しています。 こちらは開脚の角度が小さく、他に比べて転倒しやすい三脚なので、基本は予備です。

左の写真は高さを揃えて三脚を並べたのですが、右のフラット三脚の足の先を見ると、 中央のGitzo 0型4段と比較して幅が狭いのがわかりますね。

角度が小さいと高さが稼げるので、縮長が短い割に伸長が長い三脚はこういう所も注意が必要ですね。

左はSLIKのカーボンマスター 724 PRO で、これが一番開脚角度が大きいです。ただこの三脚はたたんだ時に太くバッグへの収納性が悪いので持ち歩いてません。


TOP