2014.08.13 続き


前回、ちょっとしか撮れなかったので、再び向日葵畑へ。
今回もちょっとだけですけども。

花畑を背景に撮ってると、奥の花にもピントを合わせて撮らないと勿体ないなぁ…と絞りこんでパンフォーカスで撮ったりするのですが、一応ぼかしたバージョンも同時に撮ったりします。

で、結果、ぼかしたバージョンを採用してパンフォーカスをボツにしてしまう事が多いです。
結局、ぼかした方が綺麗って事なんだけど、でもやっぱり花はキッチリ撮りたいような…と悩んだりします。

なんでパンフォーカスをボツにしちゃうのか、 考えてみると、キッチリ撮りたいのは花だけで、花以外の背景までピントが合う事は望んではいないってのも一因なのかなと。

ドールに近い花だけキッチリ撮って、後ろの方のはぼかしちゃうってのが一番無難で、かつ、良い感じになるとは思うのですが、でも、やっぱり奥のも撮りたい…という思いはある訳で…。

そんな訳で、ピント面を傾ける事が出来るティルト機能があるレンズを使って、ピント面を斜めに寝かしてみたのが1枚目の写真です。

傾けるに従って、奥側の花にもピントが合う代わりにドールの下側がピントから外れ行くので、加減が難しい所ですが、後方の花がボケボケにならない程度になり、それでいて、 パンフォーカスみたいに全面カリカリでも無く、適当なバランスに落ち着いたように思います。

2枚目の写真は横方向に傾けています。
奥の方の花がボケボケになっていない割に、一番手前の花の後ろの葉っぱがゴチャゴチャしている所は適度にボケています。

パンフォーカスだとこういう所もカッチリ写っちゃうので、うるさくなりがちですので、うまく使えば奥までのピントとボケを両立できるかもしれません。

ただ、24mmはドール撮影には使いどころがなかなか難しいので45mmの方が使いやすいかも?




[EOS-1D X + TS-E24mmF3.5L II]





TOP