2014.09.13 L型



なんとなく、久しぶりに銀ちゃん。
この服に着替えたのも久しぶりなので。


再び KISS X7 で撮影。 50mmF2.8。


2枚目は40mmF2.8
APS-Cだと、35mmF2ぐらいのスペックが欲しくなりますね。


[EOS KISS X7 + EF50mmF1.2L, EF40mmF2.8 ]




三脚を使って撮る場合のお話。

ドールの撮影の場合、写真の構図は横より縦にして撮影する事が多いのですが、 三脚にカメラを乗せて、縦撮りにしたい場合、 左の写真のように雲台を横に90度傾けます。


で、その状態から、構図をちょっと斜めにしたいかな〜と言う時、 元の水平に近い方向には傾きを戻すだけで出来るのですが、 反対方向には、大抵の雲台は90度以上は傾けられないという問題があります。


そういう場合は、雲台を水平方向に180度回してしまえば逆向きにも傾ける事が出来るのですが、三脚の設置位置自体を変更しなければなりません。
(1つ前の写真では、左にあった三脚本体が、右に移動しました)

ちょっと角度を付けたいだけの時に、設置し直しになるのは面倒なものです…。

あと、固定用のツマミが左右逆向きになってしまうのも使い勝手が悪いです。


そこで登場するのが、L型(あるいはL字)プレートというモノ。

その名の通り、Lの字の形をしたプレートなのですが…
(写真は逆向きに置いてしまいましたが…)


カメラにはこのように取りつけます。
6角レンチを使う所がちょっと面倒ですが、しっかり固定出来ます。

カメラの底面側と側面側の2か所で雲台に取り付け可能となっています。


縦で撮る場合は、このように、雲台の真上にカメラを取りつける事が出来ます。
これなら、この状態から左右両方ともに傾ける事ができる訳です。

あと、重心が三脚中央の来るので、L字プレート無しで90度傾けるより重心バランスが良く転倒もしにくいというメリットもあります。


横で撮りたい場合は、外してカメラ底面側で接続します。

とても便利。

この手の製品は、アルカスイス互換と言って、同じ寸法に合わせて作られている為、 色々なメーカーの製品を組み合わせて使うことが出来るのが特徴です。

今回使用している雲台はBENRO製のB-0雲台、L型プレートは SUNWAYFOTO製の DPL-03 という製品です。どちらも海外メーカー。

残念ながら国内大手メーカーのプレートは製品毎に規格がバラバラなので、 雲台接続部の無いL型プレートに別途使いたいクイックシューを別途取りつける必要があります。


ちょっと問題もあります。

このL型プレートは汎用品なので、EOS KISS X7に取りつけると ちょっと長すぎて、バッテリー室のフタをふさいでしまうので、 バッテリー交換の際にはプレートを外す必要があります。
また、側面の端子カバーもふさいでしまうので、撮った写真をUSBケーブルで PCに転送する際も外さないとなりません。

カメラ毎に設計された専用L型プレートならそういう事は無いのですが、 あいにくそういう製品は上位機種用ばかりで、入門機のX7には発売されていないのが 泣きどころです。


汎用プレートは色々なメーカーから出ているので、探せばちょうど良いのが ある可能性もありますが…。


しょうがないので、ちょっと工夫します。

カメラに直接L型プレートを付けるのを止めて、 バッテリーの蓋に干渉しない小さいプレートを付けます。

で、L型プレート側には、カメラに取り付けたプレートを取り付ける為の クランプを取りつけます。
このクランプはレバー式でワンタッチで脱着が出来ますので、 バッテリー交換や、USBケーブルを使う際は簡単に外せます。


使用時はこんな感じ。

尚、シャッターはストロボのボタンでワイヤレスで切るので、リモコンケーブルは使用しません。




EOS-1DX の場合だと、1DX専用の製品が少なくとも5社以上から発売されています。
これはKangRinpoche製で、付けたままバッテリーの抜き差しが出来ますし、 各コネクタカバーも開けます。側面に取りつける無線LANユニットとも干渉しないようにもなっています。

プレートのサイズが縦用と横用で微妙に違うという欠点があるので、 レバーロック式のクランプだと使い難いですけど。


TOP