2014.12.29 野外撮影1年目


ドールの野外撮影を始めてから1年経ったので、この1年を振り返ってまとめてみたいと思います。

室内撮影とは勝手が違うので色々戸惑いもありました。
室内撮影だと三脚を使うことは無くファインダーでの撮影がほとんどなのに、、 外だと三脚でライブビューでピントを合わせた後にライブビューを解除しての撮影が多かったり。


とりあえず、最初…

ちょっとやってみてすぐに気付くのは、風が大敵という事ですね。 ドールが自立出来ても、ちょっと風に吹かれてしまうと簡単に転倒してしまうので、 スタンドは必須です。

地面に直接ドールを置くとドールが小さい事もあり背景と違和感が出やすいので、三脚にドールスタンドを繋いでドールを持ちあげてしまうのが得策です。

そこで、当初、ドール用に三脚1本を用意していきました。ボークスのメタルスタンドのネジは3/8インチ規格なので、カメラ用品の3/8インチ-1/4インチメスダボを使うと簡単に三脚と繋ぐ事が出来ます。

それと、室内撮影の場合と同様に、ストロボ用にライトスタンド1本を持って行ったのですけど、ライトスタンドは脚が個別に調整出来ないので、 設置する地面が水平でないとダメな事に現地で気付くという…。
[ライトスタンド(左)と三脚(右)]

外では風が結構やっかいで、ドールの髪や服が乱れたりして 撮り直し等が多くなります。万が一の場合すぐにドールを保護できるように…と思うと、 カメラは三脚に乗せてしまって自分の手はフリーにして置くのが都合が良い為、 外では三脚にカメラを乗せて撮る事に。

そんな訳で、2日目から三脚はドール用とカメラ用とで2本に。
ストロボはカメラのホットシューに接続するか、ワイヤレスにして手持ちにするかの どちらかです。

1枚目のトンネルの写真は、ドールとカメラをそれぞれ三脚に乗せて、 ストロボは直接カメラに乗せて、ケンコーの影取りJAMBOを使用して撮影しています。

この日の構成。
・カメラ×1(EOS-1DX)
・レンズ×2(24-70mmF2.8, 100mmF2.8)
・三脚×2 +ドールスタンド
・ストロボ×1 +影取りJAMBO



持ってた三脚が2本とも重くて太くてかさばる為、3日目には思い切って野外撮影に用に新しい三脚を購入しました。

ドール用には、小型軽量の三脚 SLIKの スプリント MINI II GMN を、 カメラ用には、BENROのフラット三脚 C1192T を購入しました。

ところが、使用初日にマントが風にあおられてドールを転倒させてしまう事故が。

他製品に比べて開脚の角度が小さく、高さを抑えたスペックの為、 より開脚角度の大きいローポジションで使うと目的の高さに全然足りなくなるなどの問題があったのでした。
また、軽すぎるのも風に弱い原因です。

という訳で スプリント MINI II GMN は早々にお払い箱に…。

この日の構成。
・カメラ×1
・レンズ×2(24-70mmF2.8, 100mmF2.8)
・三脚×2 +ドールスタンド
・ストロボ(SP600EX)×1, ST-E3-RT
・透過アンブレラ

この時は、ストロボはワイヤレスで使用し、透過アンブレラを使いました。



人が居なくて撮影に使えそうな場所を探してひたすらさまよいます。 主に早朝の公園とか、ハイキングコースとか。

なかなか良い場所が見つからず、空振りも多いのですけど、 毎週のようにハイキングしてるとなかなかのダイエット効果です。


お払い箱にしたドール用三脚の代わりに、リニューアルされたばかりの Gitzo の新型マウンテニアの0型4段 GT0542 を導入しました。小型三脚と言うと廉価仕様で華奢な製品が多いですが、これはかなりしっかりした作りの三脚です。

三脚なんてどれも似たようなものだろうと思っていましたが、 意外と使い勝手の良し悪しがあるもので、新型マウンテニアから採用された Gロックウルトラは、キュッと軽く一絞りするだけでロック・解除が出来るので、使っていてとても気持ちが良いです。(旧型のGロックみたいに遊びもありませんし)
 普通のナット式だと持ち直して2度回しするか、 1回で回しきるつもりなら、最初に手首を回してつかむ必要がありますからね。
それと、センターポールの分割方式もなかなか秀逸です。

大変気にいったので、カメラ用の三脚も1型4段の GT1542 に変更しました。 フラット三脚はストロボ用にすることに。(ストロボ用も後に GT1542にしてしまいましたが)

この日の撮影はカメラは手持ち撮影。ストロボの方を三脚に乗せました。
・カメラ×1
・レンズ×3(16-35mmF2.8, 50mmF1.2, 100mmF2.8)
・三脚×2
・ドールスタンド
・ストロボ(SP600EX)×1,ST-E3-RT
・透過アンブレラ




人気の無いこじんまりとした日本庭園は撮影しやすいポイントです。
朝一で行けば10時過ぎまで全然人が来なかったり。

3回ほど、カメラ&三脚持ちこんで通っていたので、庭師の人に、 スナップ撮影ぐらいはする人はいるけど、きちんと撮影する人は居なくて…と さみしげに語られてしまったり。

この日の構成
・カメラ×1
・レンズ×3(35mmF1.4、50mmF1.2、100mmF2.8)
・三脚×3
・ドールスタンド
・ストロボ(SP600EX)×1 +ST-E3-RT
・透過アンブレラ×1
・レフ板×1

この日はレフ板を持って行ったのですが、角度にかなり気を使うレフ板は めんどくさくて性に合わないですね。




雨上がりを狙って、まだ雨が降る中撮影に行ったりもしました。

地面が濡れていて荷物の展開片づけが大変だったけど、 完全に晴れ上がるまでは人が全然居なくて撮影し放題でした。

これまで、室内撮影と同じようにマニュアル露出モードで撮っていたのですが、 背景とドールの明るさを揃えるのに失敗してボツになる事もちょくちょくあったので、 このあたりから絞り優先モードに変更しました。
測光モードは中央重点平均測光で。

これを撮るのにドールスタンドを乗せた雲台をかなり倒して使うので、 雲台が耐えられるか事前にテストしてみたところ、これまで使ってきた SUNWAYFOTO のSB-36が全然だめで、BENRO のB0 が良好だった為、BENROに乗り換えることに。

実際には余裕を持って一回り大きい B1 に変更しましたけれども。

この日はレンズ3本持って行ったけど、100mmマクロしか使わず。



ゆり園に開場一番で入って大急ぎで一番奥へ行き誰も居ないうちに撮影したり。

他のお客さんが奥まで来るまでのわずか15分で撮影終了。

スピード勝負なので、とにかく機材のセッティングの速さには気を使います。 考える時間が無いのはあまり良くないですね。

ゆり園ではフォトコンが開催されている事もあり、とにかく三脚装備のカメラマンが多いので、 混じって撮れなくもないな気もしますが退散することに。

この日は、ドールに直射日光が当たっても撮影できるように透過アンブレラを1本追加、 一脚と繋いで日傘として使いました。以降標準装備に。



猛暑日は、撮影には好条件。

全然人が居ません。

園内を走る列車の駅のホーム脇の予備の出入口で撮っています。

駅員さんに聞いたら、お客が少ないうちは予備の出入口は使わないので、 そこで撮影してても大丈夫との事だったので、列車が来ないうちに撮影しました。

右奥の赤い列車はこの日は使われていませんでした。

とにかく暑いので汗でドール服を汚さないように気を使います。

この日はガラガラの園内でのんびり撮影が出来ました。

この日の構成
・カメラ×1
・レンズ×3(35mmF1.4、50mmF1.2、100mmF2.8)
・三脚×3 +ドールスタンド
・ストロボ(SP600EX)×2 +ST-E3-RT
・透過アンブレラ×2
・一脚×1

この日も100mmマクロしか使わず。



赤い番傘と着物の組み合わせで撮りたかったので、 この日も朝一の開店準備が出来たばかりの所で、お店の人の許可を貰って撮影しました。

店員さんが見ている前での撮影になり、人がいる状況で撮影したのはこれが初めてです。

最初のお客さんが来る頃には片づけまで完了。
後は他の場所で、適当にコソコソ撮影。

ただ、この写真は番傘が被写界深度に入らなかったのは失敗だったなぁ…と思います。



朝早くからひまわり畑に出向くも、すでにひまわりを撮る為に集まったカメラマンが10人以上、 朝の散歩のおじいさんおばあさんもチラホラ、無人での撮影は不可能な状況です。

すでに前日もひまわりを求めて空振りした後だったので、ここで撮らないと、もうひまわりでは撮れないかも…と思い、堂々と撮ることにします。
ただ、カンカン照りだった事もあり、目的を果たしたカメラマン群は早々に撤収していきましたので撮りやすくなりました。

撮影してると、時々通る散歩のおじいさんおばあさん達には良く話しかけられます。

おじいさんは撮影方法に興味深々で、おばあさんにはドールと花という組み合わせが大変受けが良くて、可愛い可愛いと言われたり。

人が増え始めた9時には撮影を終了したのですが、周りの反応が色々わかって良かったですね。

女性:「あの白い傘何に使うんだろう?」
男性:「たぶん、光を和らげるんだよ」
とか、

おばあさん:「お人形がお花を触ってるのが可愛いねぇ…」
おじいさん:「演出だねぇ」
とか、

女性A:「あ、お人形撮影してる!」
女性B:「最近流行ってるらしいよ」
女性A:「へー、そうなんだ」

なんて、会話も聞こえてきます。

まわりは朝から花を見に来ているような人々なので、穏やかで撮りやすい雰囲気がありました。


こちらも早朝から花を撮りに来ているカメラマン2〜3人というところで、 あとは時折散歩の人が通ります。

観光地とかと違って地元の人の割合が多い場所は挨拶がしやすく、 気分的にはとても撮影がしやすいです。

ここでも良く話しかけられます。

夕日がきれいな撮影ポイントなどを教えてくれて、ぜひと言われましたが、 撮影は午前中で切り上げてしまったので撮りに行けなかったのは残念でしたが…。

台風の後だったこともあり、倒れている花が多かったのも残念なポイントでした。

この日の構成
・カメラ×1
・レンズ×3(24mmF3.5、50mmF1.2、100mmF2.8)
・三脚×3 +ドールスタンド
・ストロボ(SP600EX)×2 +ST-E3-RT
・透過アンブレラ×2
・一脚×1



前週の時点でまだ咲いていなかった花畑がそろそろ開花してるかもと、 1週間後にふたたび撮りに行ったり。

時期や天気の問題があるのがなかなか難しいところなんですよね。

後日、花の摘み取りのイベントも予定されている為、 花畑には縦横に通路が作ってあって中に入れるようになっているので、 ドールを通路に置いて、手前の花越しに撮ったりがしやすかったです。


撮影に持って行った回数をドール毎に数えてみたら次のようになりました。

さくら25回
ヘンリエッタ4回
ルリルリ1回
水銀燈1回
ほむら(知世ちゃん役)1回

外が似合いそうなキャラクターと言うことで、さくらさんが多いです。
ローゼンメイデンはインドアのイメージが強いですしね。

撮影器材はフルセットでドールや鞄自体の重さも含めて 18kgぐらい。
(カメラ×1、レンズ×3、三脚×3、ストロボ×2、一脚×1)
4時間以上歩くと肩に食い込んできて痛い重量ですが、 写真撮りに行って、体力も作れる所がかなりおいしいなぁと思ってます。
元々標準体重だったのが7kg軽くなってだんだん絞れてきました。

ただ、もっと軽量なパターンも模索中です。

レンズは3本までしか持ち歩かないし、100mm、50mm、24mmがあれば十分なので、 35mmや85mmの大口径単焦点は手放してしまいました。
さらに減らしたい場合は 24-70mmF2.8と、100mmかなと。
100mmより長い望遠は今まで使って無いので試したい所です。

カメラは三脚使用では縦グリップは不要なので、 軽量なEOS 6Dに乗り換えたい感はあります。

あと、持ち運びの為のバッグが、なかなかベストな物が見つからないのが悩みの種です。


TOP