2015.02.11 菜の花






[EOS-1D X + EF24-70mmF2.8L II ]



先週、EOS M3 が発表されましたね。

今回、思い立ってドールの野外撮影には使った事の無かった EOS Mを持ちだして、ちょっとだけ撮影しました。(左写真)

使用レンズはキットレンズの EF-M18-55mmF3.5-5.6 IS STM (50mm域 F5.6)

とりあえず外では液晶が良く見えませんので、液晶の明るさは最大に変更します。

三脚で使用する場合は、MFに切り替えて拡大表示でピントを合わせるのですが、 EOS Mには拡大用のボタンが省略されているので、 拡大表示させるにはルーペアイコンをタッチしないとなりません。

しかし、ストロボの調光補正をする場合はクイック設定画面を開くので、 ルーペアイコンは非表示になります。画面を切り替える為にINFOボタンを何度も押さなければならず、使っていてとにかく余計な操作が多いです。

EOS M3 では、今まで無かった拡大ボタンが追加されたので、 こういうこともなくなります。MFへの切り替えもメニューからではなくダイレクトに出来ますし。

また、M3は中級機のEOS 70D 以上の機種と同じ様にカスタム登録が出来るので、ドール撮影モードを作って登録してしまえば、ダイヤル回すだけで、ドール撮影用の設定と、その他用の設定を一発で切り替える事が出来るようになります。

そんな訳で、大幅に改良された EOS M3 は"買い"だと思ってる訳ですが、 一つだけ、とても残念な点が…。

それは、「露出シミュレーション機能」を任意でOFFに出来ない事。
これも、中級機EOS 70D以上の機種で可能な事なのですが、 EOS M3は任意でOFFには出来ません。

撮影結果をあらかじめ確認できる便利な機能として紹介される事の多いこの機能は、 環境光だけで撮影する場合は確かに便利なのですが、ストロボをメインに使って撮影する場合には逆に迷惑なんですよね。


[EOS M + EF-M18-55mmF3.5-5.6 IS STM ]



TOP