2015.03.29 M3

※今回はドールの写真は全然ありません。
EOS M3持って、米軍ヨコスカベースのフレンドシップデーに行ったので、 その写真と、EOS M3の使い勝手について色々書いてます。
ドールの野外はたぶん次あたりで…。



ミサイル追跡艦 ハワード・O・ローレンツェン。



一般公開されたアーレイバーク級イージス艦 マスティンです。手前はタラップ。



快晴で、カメラの電源ランプが点いているのか点いていないのか良くわからないぐらい明るいと、液晶画面もとても見えづらいです。

そういう時の為のEVFなのですが、EVFも所詮は液晶なので、眼鏡してると横から光が入って、やはり良く見えません。

眼鏡とEVFは相性最悪です。

ただ、液晶の輝度はMAXにしていたのですが、同じメニューで背面液晶とEVFと別々に設定保存されると気付いてなかったので、EVFの方は標準設定で使っていました。 MAX状態だと少しは違うかもしれません。


前甲板の5インチ砲と艦橋。


砲塔の旋回半径は DANGER AREA

奥に見えるのは空母ジョージワシントンです。

艦橋下の通路。 (ISO 5000)

通路にあるヘルメット置き場。 (ISO 10000)

マスティンの甲板から見た、空母ジョージワシントン。

潜水母艦フランクケーブルとジョージワシントン。

外からみたマスティン。 帰る頃には段々雲が多くなってきました。


[EOS M3 + EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM(写真1〜8枚目), EF24-70mmF2.8L II(写真9枚目)]


EOS M3をつかってみて


画質

元々特に心配もなく、結果を見る限りは全く問題ないです。


ダイヤル

メインダイヤルがシャッターボタン外周に変更になり、人差し指操作が出来るようになったので、大変快適です。
露出補正もグリップしたまま親指操作が出来ます。

手のひらの下に隠れてしまう背面ダイヤルの出番はメニュー操作の時ぐらいになりました。

マニュアル露出時に、メインダイヤルの機能をシャッター速度から絞りに変更可能なのはうれしいところです。


ボタン

拡大/縮小ボタンが追加されたので、MFでも撮影しやすくなりました。

上ボタンにISO感度ボタンが割り当てられたので、ISO感度も変更しやすくなりました。

良く使う機能はボタンに割り当てられてないと操作がもたつきます。


EVF

先に書いた見えづらい問題もあるのですが、覗いた時に背面液晶からEVFに切り替わるのがワンテンポ遅く、撮影のテンポが非常に悪いです。
EVF覗くと真っ暗で電源が入っていないのかと勘違いして電源ボタンを押して電源を切ってしまう事があります。

また、一眼レフの様に撮影はEVF、メニューと再生は背面液晶と役割分担出するモードが無いのが問題です。

それが出来れば、常にEVFに自動レビューが表示されて鬱陶しいという事もなく、 レビューを見たい時だけEVFからちょっと目を離して背面液晶を見れば良く、 撮影を続行したい時はそのまま続行できて快適です。
ちょっと目線を下げるかどうかだけで選択できる、こんな洗練された方法は無いと思うのですが。

あと、EVFが可動式になっていますが、ロック機構が無いので、使っている最中に開いてしまったりして鬱陶しいです。テープで動かないように固定する羽目になりました。

EVFはストロボとは同時使用できないので、ドール撮影時は役に立たないのが残念ですね。


電源

EOSの一眼レフは未使用時間が長くなるとオートパワーオフしますが、シャッターボタンの半押しで電源が復帰します。

一方 M3 はオートパワーオフはしますが、シャッター半押しでは復帰せず、電源ボタンを押しなおす必要があります。

撮影して、ちょっと間をおいて、また撮影…という時に、 すでにオートパワーオフされていれば電源ボタンを、そうでない場合はシャッター半押しと操作を変える必要があります。

間違えてオートパワーオフしてない時に電源ボタンを押してしまうと電源が切れてしまいます。

今回のように晴天で電源ランプも見えづらく、EVFや背面液晶が見えづらい、EVF切り替えも遅いとなると、これがまた良く間違えるのです。

これから撮影しようとしている瞬間に電源を切ってしまう。酷い話です。

一眼レフと同じようにレバー式のハードウェアスイッチにしてくれれば、シャッター半押しでの復帰も可能でしょうし、レバーを見ただけで電源オンかどうかはわかるので良いのですが。

とりあえずは、オートパワーオフ機能は無効にして、ディスプレイのみオフになる節電モードに頼る事になります。


AF

EF-M11-22mmはまったく問題ないとして、

EF50mmF1.2L, EF24-70mmF2.8L II等の明るいレンズでは速くなっているのを実感できます。この2つは相性が良いです。

が、問題は望遠レンズの場合で、EF-S55-250mmF4-5.6 IS STMとの相性は最悪で、旧Mよりむしろ悪くなっていて全然合いません。
EF100-400mmF4.5-5.6L IS II USMはワイド側は割と速いですが、テレ側は遅いです。

元々期待はしていませんでしたが、このカメラで動体は諦めた方が良い感じです。


マイメニュー

良く使う機能をひとまとめにする便利なメニューですが、 登録したい機能に限って選択肢にありません。

旧Mでは、全画像削除や、液晶の明るさ調整などを登録していたのですが、 なぜかM3では選択できなくなりました。

EVFの切り替え方法を自動/手動変更するメニューも登録できると良いのですがそれもありません。

あと、これは一眼の方もそうなのですが、外部ストロボ機能 が登録できないのも大きな不満点です。毎回アンケートには追加してくれるよう書いているのですが…。

なんか、あまり役に立たない機能になってしまって残念です。


ボタンカスタマイズ

M-Fnボタン、録画ボタン、下ボタンの3つをカスタマイズできます。
しかし、これも登録したい機能に限って選択肢にありません。

M-Fnボタンに ISO 感度とか割り当てると、一眼EOSの操作と近くなって良いのですが…、 背面上ボタンに割り当てられているので、選択肢から除外された模様です。

調光補正、外部ストロボ機能、ヒストグラムON/OFF、水準器ON/OFF 等 どれもできません。

AFモードやドライブモードなどは割り当て可能ですが、この辺りの選択肢は、動体撮影を諦めた時点で、別にクイック設定画面やマイメニューからの選択でも良いような…という感じであまりうまみが感じられません。


バッテリー

200枚ちょっとほど撮影して、残り2目盛という所です。旧Mだと1本じゃ足りなかったので、持ちは良くなっている印象です。



TOP