2015.04.01 桜/M3

4月1日と言うとさくらさんの誕生日ですね。

河津桜では何度か撮影していますが、 第1期OPコスチュームと染井吉野の組み合わせは撮っておきたい組み合わせなので、 再び第1期OPです。

今回は全部 EOS M3での撮影です。前回に引き続き最後に使い勝手について色々書いてます。








[EOS M3 + EF24-70mmF2.8L II(写真1〜2枚目), EF100mmF2.8L IS (写真3枚目) ]




EOS M3をつかってみて 〜ドール野外撮影編〜


MF

ドールの野外撮影の時はカメラは三脚に設置してMFでピント合わせをしています。

ピント合わせの際は画面を10倍に拡大表示して行いますが、旧EOS Mでは拡大ボタンが無く、画面上のルーペのアイコンをタッチする必要がありますが、 邪魔なアイコン類を非表示に設定していると拡大操作ができなくなるので、アイコンが邪魔なのを我慢するしかありませんでした。

M3では、拡大ボタンが追加された為、アイコンの非表示でも拡大操作が出来るようになり、快適になりました。


逆光

逆光での撮影では、顔が真っ暗になって判別できない事があります。

露出は背景に合わせて、ドールはストロボの光で撮るので、撮影自体は真っ暗のままで問題無いのですが、構図を決める際には顔の向きは重要ですし、MFでのピント合わせもできません。

露出シミュレーションを無効に出来る機種の場合は、無効にしておけば、 拡大表示で顔をアップにした時点で見やすい明るさに自動調整されて表示されるので問題無いです。

M3の場合、露出シミュレーションは意図的に無効にはできませんが、絞り優先モードやシャッタースピード優先モードの場合はシャッター半押ししていない時は自動的に無効状態になっています。ところが、拡大表示中は露出シミュレーションがONになってしまう為、 顔真っ暗です。

構図やピント合わせの時だけ、シャッタースピード優先モードにしてシャッタースピードをうんと遅くして明るくして回避しましたが、ものすご〜〜く不便です。

自動で露出シミュレーションがONになったりOFFになったりしますが、結構条件が複雑でわかりにくいです。

おおよそ次の通りですが、暗い所では明るく表示する機能なんてのもあるようなので、組み合わせ条件はもうちょっと複雑かもしれません。
こういう迷惑な機能はOFF固定にしたいのですが。
露出モード ストロボ未使用時 ストロボ使用時
通常 シャッター半押し時 拡大表示時 通常 シャッター半押し時 拡大表示時
絞り優先
シャッタースピード優先
OFF OFF ON 未使用時と同じ
マニュアル ON AF中だけOFF ON OFF ON ON


ピーキング機能

MFでのピント合わせの際に、ピントがあっていると思われる個所の輪郭に色を付けて表示してくれる機能です。判断基準が甘いので通常は使い物にならないのですが、 拡大表示して合わせる際には範囲が狭くなるせいか結構実用的になります。

先の顔真っ暗状態でも、目の輪郭なんかに色つきで表示されたりするので、ピントに関してはこれで判断が可能な事もあります。


再生

ドール撮影は風の影響を良く受けるので髪が乱れていないかとか、 スタンドが見えていないかとか、撮影後画像再生して確認する事が多いです。

M3では、記録画質をRAWファイルオンリーに設定していると、再生時に荒い画像が表示されるようになってしまいました。拡大して確認すると、顔にピントがあってるのかどうか良く分からないレベルの酷い画像です。カメラの液晶に表示される画像が粗いだけで、 記録されているファイルには問題ありませんが、現地で撮影結果を確認できないのは困りものです。

7年半前の機種 EOS40D の悪夢がよみがえります。(同じ問題を抱えていました)

JPEGも記録するように設定すれば、精細な画像が表示されるので回避は出来るのですが…余計なファイルは記録したくないものですね。。ファームアップでの修正を望みます。


三脚ネジ穴

M3は、三脚ネジ穴とバッテリー室の蓋の軸が近い位置にあります。

旧EOS Mで使用していたアルカスイススタイルのプレート(クイックシュー)を取り付けるとバッテリー室の蓋が開かなくなりました。

バッテリー交換のたびに六角レンチでプレートを外すのはとても面倒です。 幸い、ギリギリ蓋を開けられる幅が無いプレートも持っていたのですが、 幅が無いのは滑落防止ピンが無いからなんですよね。(滑落防止ピンは欲しい…)

どこかのメーカーから、付けたまま蓋が開けられるアルカスイススタイルのL字ブラケットが発売されるのを期待しています。


液晶画面

AF位置や、MF時の拡大位置を、タッチパネルで指定できるのはとても便利です。

野外では、1DXの液晶と比べるとどうも見づらいな…と思っていたのですが、調べてみると、 同じクリアビュー液晶IIであっても、70D以上の機種では反射防止コーティングがされているのに対して、 8000D以下の機種ではコーティング無しの様です。M3 では明示されていませんでしたが、 電源OFF時に液晶の反射具合を見ると旧Mと同等ですので、コーディング無しと思われます。

液晶画面が見えにくいと撮影&確認作業に大きな影響があります。





と言う訳で、
室内ドール撮影、野外ドール撮影、その他用途での晴天下を含む撮影と、 3パターン使ってみての5大不都合が次の通り。

1. 露出シミュレーションの無効化が出来ない(拡大時)
2. RAWオンリー時の再生表示が粗い
3. オートパワーオフからのシャッター半押し復帰しない
4. 望遠レンズ使用時のAF性能が極端に悪い
5. 野外で液晶が見えにくい

1〜3は運用で回避できますし、4. はそのうちファームアップでなおりそうに思いますが、 1.はちょっと不便過ぎるかな〜と。


TOP