2016.09.11 王子



久しぶりの劇の王子コスチューム。

この腕を上げたポーズで固定するのって結構難しかったりします。


EOS-1D Xを購入して3年半ほど経ちそろそろ買い替え時かなと思っていましたが、
後継機のEOS-1D X MRAK IIではなく、EOS 5D MARK IV に買い替えました。

1D系はドール撮りにはオーバースペックでしたし、縦グリップがあるせいでカメラバッグやリュックへの収納性が悪かったので、 縦グリ無しのカメラに買い替えたいとずっと思っていたんですよね。 EOS-1D X と比較すると 5D MARK IVはコンパクトで重量は約半分です。

とりあえず、良かったところをつらつらと…

■WiFi内蔵。FTP転送対応
EOS-1D Xには別売りのワイヤレストランスミッターを付けて、1枚撮影するたびに自動的にPC のFTPサーバにRAW画像が転送されるようにしていましたが、
5D MARK IVでは、WiFiが内蔵され、FTP転送機能も使えるようになったのでトランスミッターを買う必要が無くなりました。
今時はWiFi内蔵はめずらしくないですが、FTP対応はあんまり無いですよね。

■スマホ/タブレット接続とリモート撮影機能の改善
キヤノンからはカメラをスマホでコントロール出来る CameraConnectアプリが提供されていますが残念ながら1DXでは使えませんでした。
5D MARK IVでは使えるようになりました。 バリアングル液晶が採用されなかったのは残念ですがスマホかタブレットを使えば分離式の液晶が手に入ったような事が出来ます。

1DXでもケーブルを繋いでリモート撮影が出来ますがリモート接続中はカメラ側の操作が一切出来なくなる仕様の為、 リモートアプリで提供されていない機能(主にストロボ関係の機能)を使うには一々接続切らないとならず使い勝手が良くありませんでした。
5D MARK IVではリモート接続中もカメラ側の操作が出来るようになったのは大きいですね。

あと、写真を簡単にスマホ側に保存できるのも良いですね。RAWオンリーで撮っていてもスマホに保存する際にはJPEGになるようです。

■液晶がタッチパネル化
画像の拡大、スクロール等をスマホみたいな操作でできるようになりました。三脚使ってる時はこの方が便利なんですよね。

■クイック設定画面のカスタマイズ
EOS 5Dsから搭載された機能ですが、カスタマイズによってストロボ外部制御などのメニューを登録できるようになりました。
メニューから階層をたどるより少ない手数で設定を開けます。 これよりもう一つ下の階層のワイヤレス設定が登録できたらもっと良かったんですけどね。



TOP