2016.09.18 ローアングル



EOS 5D MARK IVのスマホリモート撮影機能を使うとローアングルとかが撮りやすくなるので、 色々使い勝手を確認しました。



三脚のセンターポールを逆挿しにしてカメラを地面スレスレに配置、センターポールの逆側にスマホホルダーを取り付けます。
こうすると、しゃがんだ時に液晶画面が顔の高さに来るので大変見やすいです。

カメラの背面液晶は地面スレスレにあるので、例えバリアングル液晶だったとしても見づらい事を 考えるとこれは大きなメリットとなります。

その代わり、無線の接続や切断という手間がかかるのが大きなデメリットです。
使い始めに1回メニュー操作するだけで済むならたいした話ではないですが、撮影の途中でオートパワーオフするたびに接続しなおすのは面倒です。

カメラ側は電源復帰時に前と同じ状態で起動するので面倒な事は無いのですが、 スマホ側はカメラ側が落ちていると別のWiFiアクセスポイントを探しに行ってしまい完全に接続が切れるのが難点です。

NFCに対応しているAndroidスマホの場合は、カメラとスマホを近づけるだけで自動的に接続してくれるそうなのでだいぶ楽になりそうです。
iPhoneは iPhone6でNFCには対応しているけどアップルが制限を掛けていて駄目らしいので、もし iPhone7も駄目なら次は Androidスマホに買い替えようかなぁ…と思っているところです。
(追記)NFCは初回接続時の設定が自動になるだけで、再接続が楽になるというメリットはありませんでした。
ただ、Androidの方が接続の維持性は高いです。iPhoneはしばらく操作しないとiPhone側から接続を切ってしまう事がありますが、Androidの方はそれがないです。
また、カメラ側が落ちていない限り Android側を手動でon/offしても自動的に再接続されます。



■MFでのピント合わせ

カメラ側で拡大ボタンを押すと、スマホ側の画面も連動して拡大表示されます。ただし拡大倍率は5倍までで10倍には対応していないようです。
広角で撮る時などは的が小さい事もあるので10倍まで対応して欲しいところです。

スマホ側でも拡大枠をスワイプで移動させたり、ダブルタップで拡大させたりが出来ます。拡大後もスワイプ操作でスクロール出来ます。

■絞り込み

カメラの絞りこみボタンを押すと、スマホ側の表示も連動して絞り込み後の表示になります。

■シャッター

カメラ側でもスマホ側でも切れます。リモコンも問題なく使えます。SP600EX-RTからでも問題なく切れます。

■露出補正

カメラ側でもスマホ側でも出来ます。露出シミュレーションがONになっている場合はスマホ側の表示も反映されます。
接続中にメニューから露出シミュレーションのON/OFFを切り替えることもできます。(メニューを開くと接続が切れるという事はありません)

■調光補正

カメラ側でのみ変更できます。接続中に調光補正ボタンを押すとカメラの背面液晶と上面液晶の両方にメーターが表示されますので、 どちらか見やすい方を見ながら設定することになります。

■ヒストグラム、水準器

カメラの液晶には表示されますが、残念ながらスマホ側には表示されません。

■再生

カメラの再生ボタンを押すとカメラ側は再生表示になりますが、スマホ側は連動せず撮影モードのままです。

スマホ側はリモート撮影のまま撮影画像を確認する方法と、カメラ内の全画像をサムネイルから参照する方法の2通りの操作ができます。

前者は、接続以降に撮影した写真のみ表示が出来るモードで、撮ってすぐ確認したい場合に便利です。スワイプ、ピンチアウト/ピンチオープン操作でスクロール拡大縮小もできます。

後者は、カメラ内のすべての写真が表示が出来るモードで、拡大縮小等の他にスマホへの画像保存が出来ます。RAWオンリーで撮影していても、JPEG画像が即座に保存されるので使い勝手が良いです。

再生機能で非常に残念なのが、ヒストグラムの表示機能が無い事です。ヒストグラムは露出があってるか確認するのに多用するので、 再生画面のどちらにも欲しい機能です。

■総括

実用性は十分。でも画像再生時にヒストグラム表示が欲しいな。あと出来れば拡大表示も10倍表示まで対応して欲しい。

途中で電源切れた際の再接続の手間は大事なポイントなので、スマホを買い替える際はNFC対応のにしよう…。(追記)上記の通り NFCは意味が無かったです。


■雑感

今後は、WiFiやNFCは標準の機能になっていくのでしょうね。
5D MARK IV以前に発売されている EOS 80D、8000D、X8i、X80、EOS M3、EOS M10にはすでに搭載されていて、上位機種の方が遅れている状況ですが、、 EOS 6Dも後継機で搭載される事が待たれますね。

そう言えば、EOS M3を持っていたのにリモート接続は試した事がないまま手放してしまいました。

先日、EOS M5が発表されましたね。やっと露出シミュレーションがOFFに出来るようになり、EOS 80D以上の中級機相当になりました。
ただ、調光補正は±2段までと入門機並みに留まったのが残念です。調光補正は2段以上補正する事は時々あるのでそこも80D以上と同じ3段にして欲しかったところです。





TOP