2016.11.12 色づき



銀杏がけっこう黄色くなってきましたね。
木によってはまだ全然ですけども。

これ、足の向こう側に転倒防止用にスタンドを置いているのですが、 脚でちょうど隠れるように配置しています。

カメラから見てうまく隠れているかチェックしては直しチェックしては直しをするのですが、 望遠レンズで撮影する時はカメラとドールの位置が離れているので、行ったり来たりが結構大変だったりします。

カメラを買い替えてからワイヤレスのリモート撮影が可能になったので、 ドールの位置でスマホやタブレットでカメラからどう見えているのかチェックしながら修正でき快適になりました。

前回のコスモス撮影ではドールを花の向こう側の通路に置いていて、 ぐるっと回って行かないとならなかったのでそういう時は特に便利ですね。





ようやく5D MarkIV用のL型ブラケットが数社から発売されたので、KIRK製のを購入しました。

Mark IVからリモコン端子の位置が変わりましたが干渉せずに使えます。
専用品なのですからこれぐらいは出来て当然と思いますが、メーカーによっては出来ない製品もあるので注意が必要です。

裏面です。Gitzo雲台ユーザとしては、固定ネジ周りに空間が開いている所が重要です。
ここに雲台側の滑落防止用ピン(セーフティスクリュー)が収まります。この空間が無いと装着できません。
Gitzoのセーフティスクリューはネジの位置に近すぎてネジ頭と干渉してしまうので 少しずらして装着する必要があるのです。(Gitzo純正のプレートは高さがあるのでネジ頭とは干渉しない作りになっています)

アルカスイス互換とは言いつつも統一されているのはプレートの幅だけで、 滑落防止ピンはメーカーによってさまざまなのが困りものです。

最悪、セーフティスクリューを抜いてしまえば装着は可能になるのですが、 せっかく付いている事故防止策を無くしたくは無いですよね。




TOP