2016.12.30 年末


今年はあんまり撮影に行けませんでしたが、年末なので振り返ってみます。

ここ最近の荷物を紹介するとこんな感じです。


ドールバッグの中身です。バッグの重量込みで約6kg

・ドールスタンド3種
・交換ハンド多数
・ドール保護用のクッション&布
・ドール本体
・ハサミ
・ドール用櫛
・1500番紙やすり(ボディの汚れ落とし用)
・ネオジム磁石、マジックテープ(手足とか固定用)
・ワイヤー(スカート広げ用)
・透過アンブレラ2本
・アンブレラ用一脚2本


リュックの中身です。リュックの重量込みで約11kg
・三脚3本&三脚袋
・ストロボ2本+トランスミッター
・アンブレラホルダー
・レンズペン大小、布
・レンズ2本(EF35mmF1.4L II USM、EF100mmF2.8L IS MACRO USM)
・敷き布
・ストロボスタンド&紐(首掛け用)
・六角レンチ
・予備バッテリー1個
・フィルターポーチ(ND4フィルター)
・テープ
・タブレットPC(リモート撮影用)
・モバイルバッテリー

■リュック

モンベルのフォトウォーカーパック 25 を使っています。

25リットルの小型ザックですが、これの最大の特徴は三脚取り付け部が幅広なので、上記三脚を3本も突っ込める事。

カメラリュック専業メーカーの出しているようなカメラリュックだと三脚は1本しか付けられないのが普通なので、こういうリュックは貴重な存在です。

クッション類がぜんぜん入っておらず非常に軽量なのはアウトドア用品メーカーならではという感じ。


■ドールスタンド


ボークスのスタンド、股下タイプを2種類、腰支えタイプを2種類使っていて、内2〜3種類を持ち歩いています。

左写真は股下スタンドのセンター軸タイプ。センター軸タイプはドールの体が横向きの場合に脚で軸を隠しやすいです。 正面から撮る時はセンター軸ではない方の股下スタンドを使います。

ボークススタンドは支柱の下が 3/8インチネジなので、カメラ屋で売っている 3/8インチメス-1/4インチメスの変換ネジ(左写真金色のパーツ)で簡単に三脚に取り付けできます。
支柱がスチールなのでドールの靴下の裏などに磁石などを仕込んでおくと脚の固定がしやすいのも良い所。

あと、延長パーツで支柱の長さを変えられるので用途に合わせて長さを調整しています。

伸縮部分は確実にロックできず簡単にくるくる回ってしまうので接着して固定しています。
可動部はよっぽどしっかりしていないと落下等のリスクになるので、可動部は無い方が良いですね。

ドールを三脚に乗せず地面に立たせる場合は、腰支えスタンドに小型の自由雲台にロングプレートを接続して使っています。

■ストロボ&トランスミッター

スピードライト600EX-RT を2本と、ST-E3-RT。

ストロボはたまに3本使いたい時がありますが、ほとんどの場合2本で足りるのと荷物が重くなるので2本しか持ち歩いてません。

これを買った時は電波制御式は600EX-RTしか選択肢がなかったのですが、今はもっと軽量の スピードライト430EX III-RTが発売されているのでそっちの方が良いかもしれません。

ST-E3-RT はそろそろ改良版を出して欲しいです。コレ、液晶が上面にあるので、カメラをアイレベルに置くと脚立が無いと液晶が見えず操作できないんですよね。 赤外光式のST-E2の時は操作系が背面にあったので良かったのですが、ST-E3-RTではなぜ上面にしてしまったのか…。 カメラ側からもST-E3-RTのメニューを開けるので代替にはなるんですが、メニュー階層が深くて操作性は良くないです。

ST-E3-RTの代わりに 600EX-RT や430EX III-RT をマスターにすれば液晶は背面になるので、ST-E3-RTを無しにして代わりにストロボ3本にする手も無くは無いですけど。

■アンブレラ

UNPLUGGED STUDIO のトランスルーセントアンブレラ(グラスファイバータイプ)2本。

野外撮影でストロボ使う人はソフトボックス派の方が圧倒的に多そうなのですが私はアンブレラを使ってます。

スリムで持ち運びにかさばらない、広げるのも畳むのも速いし、広げると大きいのでソフト効果も大きいです。

最大の弱点が風に弱い所で、実際私も過去に何本も折っていて消耗品と諦めていましたが、 このグラスファイバー16本骨の物に変えてからは全く折っていません。かなり丈夫です。
ただ、直径40インチと大きい製品しか無いので、もうちょっと径の小さい製品も欲しいところです。

ソフトボックスも何種類か持っているのですが、たたんだ時の大きさを見ると持って行く気が失せるので持ち出した事はありません。 風が強い時に使ってみようとは思うのですが。

■一脚

SLIKのスタンドカーボン 604 DX と Manbily C-333。2本ともアンブレラ用です。

C-333は両端とも3/8インチのメスネジになっている為、石突側に雲台を載せ、ローポジションで脚を開いた三脚と合体させて不整地対応のライトスタンドとして使用しています。
以前はこれより細い同社のアルミ一脚を使っていたのですが、ネジ穴が摩耗してグラグラになったのでこれに交換しました。しかし、 たぶんこれもあんまり持たない気がします。

アンブレラが風を受けると一脚はしなり、根元の接続部分には強い力がかかります。もっと丈夫な製品があると良いのですが…。

ライトスタンドについてはまだまだ検討の余地ありです。

スタンドカーボン 604 DXは手持ち用として使用しています。小型の三脚と合体した、いわゆる自立可能な一脚ですが、 この手の製品にしてはめずらしく太い側が下、細い側が上の構成になっているのが特徴です。 ライトスタンド用として使うにしては細すぎて使えませんが、手持ち用としてなら軽くくて良い感じです。

■三脚

三脚は通常3本持ち歩いています。1本はカメラ用、1本はドール用、1本はライトスタンド用です。たまにストロボ用にもう一本欲しい事もあります。

三脚はもっともかさばる重い装備なので、できるだけ軽量コンパクトにしたいところです。

ただ、軽い物ほど貧弱になっていくので最低限必要な剛性を確保しつつの選択になるのが難しいところです。

中途半端に縮長が短い事よりも、たたんだ時のスリムさ重視で選んでます。
レバーロック式の三脚はレバー部分が出っ張っていて三脚を複数積み重ねた時に邪魔になるのでロックナット式がベストですね。

カメラ用には Gitzo マウンテニア1型4段(GT1542)を使っています。これでベストだと思いますが0型4段でもギリギリ大丈夫かなぁ…という感じ。 Gitzoの場合は小型でも廉価仕様という事もなく、しっかりしているのが良い所です。その分高いですけど。

ドール用にはマウンテニア0型4段(GT0542)を使っていますが、高さがあまり要らない事から0型3段の方が少しだけ軽いので良かったかなとは思います。

ライトスタンド用にもカメラと同じマウンテニア 1型4段を使っていますが、 ライトスタンドの脚として使うぶんには脚は3段で十分なのでもうちょっと軽くて良いのがあると良いかなと思ってます。 ただし、根元はかなり力がかかるので丈夫な物で無いと駄目です。接続は太い3/8インチネジが良いので海外メーカー製になります。
海外メーカーのは3/8インチで統一されているのに、日本メーカーだけが1/4インチなんで使い難いんですよね。


雲台は、カメラ用とドール用のには BENRO B1 を使っていましたが、今年 Gitzoの GH1382TQDに買い替えました。

雲台は自重400g以下を条件に選んでいて、BENRO B1でも固定力に不足は無かったのですが、 GH1382TQD はより強固で BENRO製品で言うと2クラス上の B3と互角です。

ボールロックのかかり方もとても滑らかで作りの良さを感じる部分も多く、 大事なドールを載せる雲台としては、抜群の信頼性です。



■カメラ

今まで使ってきたEOS-1D X が3年半とそろそろ古くなってきたので、EOS 5D MarkIV に買い替えました。

WiFiが内蔵されスマホやタブレットからリモート撮影できるようになったのが凄く便利になりました。

下位機種はとっくにWiFi内蔵になっていますが、上位機種は製品サイクルが長いので便利な機能が載るのも遅いですね。

一気にWiFi未搭載カメラが時代遅れな感じになってきましたね。

左写真は EOS M3で撮ったものです。レンズはキットレンズの EF-M18-55mmF3.5-5.6 IS STM。

一眼レフとミラーレス、2台持ってると便利な事もありますが、撮影には常に一眼レフの方を持ちだすので、 EOS M3は手放してしまいました。

…と言いつつ、後継機の M5 が欲しかったりはします。

EOS M5 は M3への不満点がだいぶ解消されていますね。

ようやく露出シミュレーション機能をOFF固定にする事ができるようになりました。 M3は自動でON/OFFされ制御できなかったんですよね。OFF固定にすれば室内や逆光撮影が撮りやすくなります。

シャッター半押しでオートパワーオフから復帰するようにもなりました。

液晶のコーティングが相変わらず下位機種並みなのと、調光補正が2段までなのがイマイチですね。

レンズのラインナップはまだまだなので、換算100mm相当の EF-M62mmF2.8 MACRO STM とか出して欲しい所ですね。標準レンズの EF-M31mmF2 STM とかも。

■レンズ

前半は、EF24-70mmF2.8L II USM と EF70-200mmF4L IS USM または EF100mmF2.8L IS MACRO USM の組み合わせを良く使っていました。

ズームレンズは後ボケがあんまり綺麗じゃない事があるので後半は単焦点レンズに置き換えてます。

EF24-70mmF2.8L II USM → 35〜50mm付近しか使わないので EF35mmF1.4L II USM を導入。

EF70-200mmF4L IS USM → EF100mmF2.8L IS MACRO USM だけだと望遠側が不足するので EF180mmF3.5L MACRO USM を追加。


EF100mmF2.8L IS MACRO USM で撮影。

レンズを1本だけ選べって言われたら私は迷わずコレを選びます。

野外では一番使いやすい焦点距離ですし、ボケも綺麗で言う事無しです。



EF35mmF1.4L II USM で撮影。以前持っていた旧型は2年前に手放しているので久しぶりの35mm単焦点です。


EF180mmF3.5L MACRO USM で撮影。EF70-200mmF4L IS USMの代わりに導入。

20年も前に発売されたレンズなのでいまさら新品で買うのもちょっと…という事で中古で安く購入しました。

ふわっと良い感じにぼけてくれる良いレンズですね。

故障する前に後継機が出て欲しい所ですが、開放はF4かF5.6で良いので、もうちょっと軽量コンパクト、安価にして欲しいですね。


TOP