2017.10.01 M5




EOS M5を買いました。M3を手放して以来、久しぶりの小さいカメラです。

発売から1年弱が経ち価格も落ち着いているのと、 キャッシュバックキャンペーンとバッテリープレゼントとかやってるので、 そろそろ良いかなと。

M5 はミラーレスのEOS Mシリーズの中では最上位機種にあたりますが、 EOS シリーズ全体の中では中級機のEOS 80Dの下、入門機の EOS 8000Dの上ぐらいのポジションの製品です。
M3 は入門機のポジションで色々と不満が多かったのでその辺が改善されると良いなという感じですが、まだまだ足りない所もあります。その辺は後半にまとめてます。

買ったのは EF-M15-45mmのレンズキットです。望遠のEF-M55-200mmも欲しい所ですが、EOS M5はなぜかダブルズームのキットは無いんですよね。M6にはあるのに。
高倍率ズームの EF-M18-150mmのキットという選択肢もありますが、こちらは全長が長いのでコンパクトにしたい時に嫌かなと。


そんな訳で望遠レンズはまだ持ってないので、 1枚目の写真は、マウントアダプタ付けて EF100mmF2.8L マクロを使って撮影。

写真の服は5月のドルパで買った物。ウェイトレスの服も、封印の杖を持たせればバトルコスチュームに早変わり。
それだけだとさみしいので背中に羽を足してみました。
頭のリボンは9月のI.DOLLで買った物。以前は白と赤しか持ってなかったのですが、この服に合わせるなら紺が良いかなと。



2枚目は、レンズキットの EF-M15-45mm F3.5-6.3 STM を使用。望遠端の45mmF6.3開放です。

このレンズはズームレンズにしては珍しく望遠側の歪みが糸巻き型ではなく樽型なのが良いですね。
この例では角には寄せていませんが、ドールの頭を写真の角付近に配置して撮るようなケースだと、糸巻き型歪みのあるレンズだと頭が斜めに歪んで写るのが気になる事があるんですがこのレンズは大丈夫なので好印象。

F6.3と暗いので大きなボケはあまり期待できませんが、とてもコンパクトなレンズなので仕方がないですね。

ぼかしたい用途には、マウントアダプタ付けて EF50mmF1.8 STM を付けると比較的コンパクトで安価で良いかもしれません。



3枚目は、EF-M22mmF2 STMで撮影。EOS M3は手放したけどレンズは手放さずに残しておいたのです。

高角レンズで近寄って端近くに顔を配置するとパースが付いて顔がゆがむので、トリミング前提で上に余白を作った構図にして、撮影後に余白を切り捨ててます。

EF-Mレンズで明るい単焦点レンズがこれしか無いという現状は寂しすぎるので、 もうちょっとなんとかして欲しいですね。

フルサイズ機の5D MarkIVで野外撮影する時は 35mm, 100mmマクロ, 180mmマクロ の3本を持ち歩いていますが、APS-Cに換算すると 22mm, 63mm, 113mm になります。
22mmはすでにあるので、63mmと113mmは近いところで EF-S60mmF2.8マクロと EF100mmF2.8L ISマクロがあると良さそうです。ただしマウントアダプタが要ります。

マウントアダプタが必要なEF、EF-Sレンズと必要の無いEF-Mレンズを混在してレンズ脱着を繰り返していると、マウントアダプタがレンズ側に残ったりボディ側に残ったりでマウントアダプタの扱いが非常〜にうざいんですよね。

EF-M22mmを使うのを止めて代わりにEF-S24mmF2.8 STMかEF24mmF2.8 IS あたりを使えばマウントアダプタをカメラボディに付けっぱなしに出来るので一番シンプルではあるのですが…その為にわざわざ買うかと言ったら…。

三脚で撮る際に縦位置撮影で便利なL型ブラケットですが、EOS M5専用品が3社ぐらいから販売されているので、Really Right Stuff社製の物を使っています。

EOS M5は(M3もそうですが)バッテリー室の蓋の軸と三脚ネジ穴が近すぎて、汎用品を使うとバッテリー室の蓋が開かなくなるので、バッテリーを変えるたびにL型ブラケットを外さないとならない手間がかかります。やはり専用品が良いです。


さて、ここで重要な「露出シミュレーション」の話。

左の写真のカメラの液晶画面の様に、逆光で撮影していて背景の方がはるかに明るい場合、顔が真っ暗に表示されたりします。

ストロボを使わない場合は、顔が暗いまま撮ってもしょうがないので、露出補正をプラスして明るくする所ですが、ストロボを使う場合は、露出は背景に合わせる事が多く、このまま撮影しますが、顔が真っ暗だと構図を決めるのに大変不都合です。

頭の角度が少し違うだけで表情が変わるというのに顔が真っ暗でチェックできないのは困ります。

液晶画面への表示は、露出シミュレーションと言う機能により、実際に撮影される明るさで表示されています。環境光だけで撮影する場合は便利なのですが、 ストロボを使う場合は露出シミュレーションの結果と実際の写真は全然一致しないので、 この機能はまるで役立たずです。

EOS の中級機以上には、この機能を強制的にOFFにする機能があり、OFFにすると 露出に関係なく撮影しやすい明るさで表示してくれます。
この場合だと、顔部分を拡大表示して背景の明るい部分を表示範囲から外してやると 顔が明るく表示されます。

私はカメラを買ったら即 露出シミュレーションはOFF に設定してしまうのですが、 EOS M3などの入門機だとそれが出来ないのが困りものでした。

EOS M5 にはようやく、この「露出シミュレーションをOFFにする」機能が搭載されました。

さて、露出シミュレーションをOFFにして、顔を拡大して見ると明るく…
……あれ?…表示されない!!

露出シミュレーションをOFFの場合、適切に明るく表示してくれるはずですが… どうやら、M5 は画面の拡大率を変えても、その都度明るさの判定をしていない模様です。 (一眼レフの方のEOS ではそんな事ないのですが)

これでは、せっかく露出シミュレーションをOFFにできるようになっても、逆光では使い物になりません。

…なんか、一眼レフのEOSで培われてきたノウハウがイマイチ ミラーレスのEOSに受け継がれていない感じがします。

これを回避するには、露出シミュレーションはONにした上で、 顔が明るく見えるまで露出補正を+にして、構図を整えてから露出を戻すという面倒臭い手順が必要になります。おまけに M5ではストロボがONの状態では自動的に露出シミュレーションがOFFになるようになってしまった為、その都度ストロボの電源も一々ON/OFFしないとなりません。
カメラが勝手に判断して設定を切り替えるの止めて欲しいんですけどね…。
入門機ほどそういう部分が多いので、使いこなすのが大変になります。中級機の方が人間の言う事を聞く分簡単なんです。

微調整を繰り返す場合はこの操作を何度も行う事になるので、 こういう部分で使い勝手が悪いのは大変困ります。

それと、拡大表示中は露出の変更が出来ずに一旦通常表示に戻さないとならないので、そういう所でも地味に手間が増えます。
次に、リモート撮影の話。

ここでも一眼レフのEOS 80D以上の機種とは挙動が違う所があります。 M5 では WiFi 接続中はカメラ側の操作が一切できなくなるのです。

普段使っている EOS 5D MarkIVの場合だと、AndroidタブレットとWiFi 接続している最中も、カメラ本体のシャッターボタンでシャッターを切る事も出来ますし、ストロボからシャッターを切る事も出来ます。露出補正やISO感度変更等からメニュー操作も可能ですし、画像再生も可能です。

EOS M5の場合、これらの事が一切できなくなる為、タブレット側で出来ない事をカメラ本体側で操作しなければならなくなった場合に一々接続を切らないとならないのです。
また、ストロボからシャッターを切れなくなるのも不便です。

同時に複数の事が出来ない感じなので、この辺りはカメラの処理能力の差かもしれません。
カメラボディが小さいからしょうがないのかも…。

凝った事するなら上位機種を買いなさいと言う事でしょうね。
このカメラで必要十分! と言いたかった所なのですが、その座はおそらく EOS 80Dに。


TOP