2018.06.26 EOS KissM

キヤノンのミラーレスカメラ EOS M5を EOS KissM に買い替えたので撮影してきました。

EOS M5は操作性の問題から一度もドールの野外撮影に使った事が無いのですが、 KissMでは見事改善されて完璧になりました。

メインで使っている EOS 5D MarkIVでやってるちょっと凝った事がすべて出来るようになりました。
最高の入門機と言っていいと思います。

購入したのは、高倍率ズーム EF-M18-150mmF3.5-6.3 IS STMのキットで、今回の写真は全部このレンズで撮ったものです。




上の1枚目の写真は100mm付近のF16。
奥の紫陽花まで2mぐらい離れているのでうんと絞っています。

左の2枚目の写真は50mm付近 F5.6。


下の3枚目の写真は100mm付近 F16。





上の4枚目の写真は100mm付近 F6.3。
右側に廉価ズームレンズの宿命…グルグル渦巻きボケが出ていますね。
タマネギとか、年輪なんて呼び名もありますが、原因は廉価版の非球面レンズにあると言われていて、ハイブリッド非球面レンズを使ってるレンズで出るようですね。

これを気にして画質を重視するなら、EF100mmF2.8L ISマクロが最高の選択になります。




左の5枚目の写真は、35mm付近開放でF5。もうちょっと後ろをぼかしたいので、 こちらも明るい単焦点レンズが欲しいところですね。

そのうち32mmF1.4が出るという噂ですが、発売されたらメインレンズ候補になるかと思います。


左の6枚目の写真は50mm付近開放でF5.6。

50mmならEF-M18-150mmでもそこそこぼけるので、ぼかしたいならドールとは距離を取って50mm以上で撮るのを心がけると良いかと思います。

とは言え、50mmの単焦点レンズにはとても安価な50mmF1.8があるので、 これを買っておくと表現の幅が広がります。






撮影器材もコンパクトで良いです。今回三脚は普段一眼レフで使っている物を持って行きましたが、カメラが小さい分三脚も小型ので十分なので小型の三脚が欲しくなりました。

タブレットによるリモート撮影をしている関係で、カメラの電源が入りっぱなしで運用するので、予備バッテリーは4個用意していきました。

撮影6時間で4個弱の消費でした。

黒くて丸いのはND4フィルタです。

後はST-E3-RTトラスミッターと、ストロボ SP-600EX-RTと SP-430EX III-RT






あと、細かい話は下の方へ。






EOS KissMが、EOS M5から、良くなった点。

(1)露出Simulationを無効化した際に、液晶の表示倍率ごとに最適な見やすい明るさで表示されるようになりました。
これはEOS 5D MarkIV等の一眼レフの上位機種と同じ挙動で、EOS M5は表示倍率を変えても変化しませんでした。
逆光で顔が見えないような撮影の時、KissMなら顔アップ表示にすれば顔が明るく表示されます。M5では確認の為だけに露出補正をプラスにして、撮影時に元に戻すという操作が必要で、構図を試行錯誤する際には大変面倒でした。

(2)WiFiでスマホ/タブレットに接続してリモート撮影している最中もカメラ側の操作が可能になりました。これもEOS 5D MarkIV等の一眼レフの上位機種と同じ挙動です。
M5は接続中はカメラ側の操作は一切できませんでした。
これで、カメラ側でしか出来ない操作を行う場合も、一々接続を切らなくて済みます。
M5ではヒストグラム確認するだけでも一々接続を切らねばならず大変面倒でした。

(3)液晶の可動がバリアングルになりました。
M5は一軸チルトでした。
これで、縦撮りでも液晶を可動させられます。



(1)と(2)が EOS M5を野外撮影に使わなかった大きな理由です。これが解決したので EOS 5D MarkIVと同等の操作性になりました。


逆に悪くなった点。

(1)露出補正ダイヤルが無くなりました。
KissMでは露出補正ボタンを押してメインダイヤルという操作になりました。EVFを覗きながらだと操作困難です。録画ボタンに露出補正機能を割り当てるとマシになりますがイマイチです。
尚、三脚使用時は背面液晶から操作すれば良いので問題になりません。

(2)WiFiでスマホ/タブレット接続時に毎回ネットワークを検索するようになりました。
カメラアクセスポイントモードに固定出来なくなったので毎回選び直すのがメンドクサイです。

(3)カスタムダイヤルのC1,C2が無くなりました。
設定一式を一気に変更したい場合に不便に。



(2)と(3)はたいした話ではありませんが、(1)はドール以外の撮影で気になる部分ですね。


イマイチな点

いくつかイマイチな点もあります。

(1)グリップを握りこむと背面液晶に親指の付け根付近が接触してAFフレームが端に移動してしまいます。
液晶を撮影機能画面にしておくと防げるのですが、そうすると、なぜか、EVFを覗いた時に点灯するまでのタイムラグが長くなります。…なんで?

(2)レンズリリースボタンの作りがチャチです。ボタンが斜めに入ると脱着に失敗します。使い難いです。


上位機種に期待する点

入門機のEOS KissMにはそこまで言わないけれど、上位機種では実現して欲しいなと思う点です。

(1)ISO感度の変更ステップが 1/3段固定になってしまったので、一眼レフ上位機種と同様に1段との選択式にして欲しいです。1/3段はダイヤルを沢山回さないとならないのでスピーディに変更できずめんどいです。

(2)背面液晶の反射防止コーティングを 5D MarkIVと同等にして欲しいです。廉価仕様は明るい野外で見づらいです。

(3)バッテリーの大型化。

(4)KissMのモードダイヤルの位置にサブ電子ダイヤルを。

(5)炎天下に三脚固定で晒しても熱暴走しないタフさと防塵防滴。



TOP