2018.09.16 EOS R



キヤノンのフルサイズミラーレス機のEOS Rが発表されましたね。

フルサイズ用レンズ使用時もAPS-Cクロップが使える様なので、EOS KissMから乗り換え予定です。クロップ時は 1160万画素に減りますが、まぁ問題無いかなと。
左の写真は、KissMで横構図で撮ったのを縦構図にトリミングしたものです。 KissMは2400万画素ですが、縦にトリミングすると1077万画素になります。これをそのまま2L版に印刷しても全く問題無いです。Web用に至っては100万画素以下に縮小しちゃってますし。

フルサイズ機でクロップを使いたい理由は、EF100mmF2.8Lマクロを160mm相当で使いたい為。以前 5D MarkIV で使っていたEF180mmF3.5Lマクロはとても良いレンズでしたが、かさばって重いのが難点でした。

それと、今まで色々レンズを買いましたが、ドール撮影用としてベスト1を選ぶとしたら、私はEF100mmF2.8Lマクロを選ぶので、クロップが使えると2度おいしいというのもあります。

ちなみに、ベスト2は左の写真を撮るのに使ってるEF50mmF1.2L ですが、EOS R用に新しい50mmF1.2が出るので、一体どんな描写になるのやらとても気になります。めちゃくちゃ気になります。EOS R本体より気になります。

EOS R本体の方は、EOS KissMがフルサイズ版になるだけで基本的に安全パイです。
ストロボ同調速度が1/250(1/200でした)、調光補正が±3段と上位機種並みになりましたが、 1つだけ残念だった事は、液晶が反射防止コーティング無しの下位機種仕様な所ですね。

クロップが可能になった事で、当然、スマホ用のリモートソフトの Camera Connect もクロップ対応になると思われますが、ぜひとも Camera Connect からクロップのON/OFFを操作できるようにして欲しい所です。 あと、ついでに、調光補正と、絞りこみと、ヒストグラム表示も出来るように機能追加を…。



EOS Mシリーズ用にも待望の大口径標準レンズの EF-M32mmF1.4 STMが発売されますね。

こちらもどんな描写なのか、凄く気になる所です。ボケが綺麗なレンズだったら良いなと。

左の写真は、KissM で EF35mmF1.4L IIを開放で。
久しぶりの猫耳です。



TOP