2018.09.23 EF-M32mm


久しぶりの野外撮影です。

水たまりがあったので、雨上がりな感じで。

この写真は EOS KissM に EF100mmF2.8L マクロで撮ってます。

本題は次の写真から。



待ちに待った EF-Mマウントの大口径標準レンズ EF-M32mmF1.4 STM を購入しました。

EOS R予約してるのに何やってるんだって感じですが、小型機は別腹で。

大口径なのに小型で235gしかなく EOS KissM にベストマッチです。

左の写真は f1.4 開放です。開放からとてもシャープな写りで、後ボケも綺麗です。

後ろが明るすぎるのでNDフィルタ付けてます。



f2 だとこんな感じ。



ちなみに、EF35mmF1.4L II USM の f2 だとこんな感じ。

もう全然遜色ないですね。次からは軽量コンパクトな EF-M32mmの方を持ち歩きます。

ただし、使い勝手に関しては、EF35mmの方に軍配が上がります。

と言うのも、EF-M32mmは MF時でもフォーカスの駆動がモーター制御なので、 ピントリングを回したのに対する反応がびみょーに遅れる感があります。

また、カメラの電源がOFFになる度にフォーカスが格納位置に戻ってしまうので、 三脚撮りしている時にバッテリ交換するとMFのやり直しになったりします。



上の写真は EF-M32mmF1.4 STM の f2.8 で撮影。


上の写真は EF-M32mmF1.4 STM の f4 で撮影。


上の写真は EF-M32mmF1.4 STM の f1.4 で撮影。



純正のフードは使わずメタルフードを付けてます。

純正のフードは逆挿しできるタイプなので太いのが嫌なんですよね。

全長が長くなっても良いのでスリムな方が良いです。

フィルタ径が 43mm なので、43-55mmのステップアップリングを付けて、 ケンコーの 55mmのメタルフードを付けてます。フードの先端に付いているのはマンフロットの XUME で、フィルターをマグネットで脱着しています。

これに、NDフィルタとPLフィルタの2枚付けてもギリギリけられません。





TOP