2018.12.29 今年中盤

前回に引き続き、年末なので今年一年を振り返りつつ撮った写真を再現像してます…の中盤編です。

6月末から10月にかけて EOS KissM で撮影した分です。

中級機のEOS 5D MarkIVから入門機のEOS KissM への乗り換えで、 センサーがフルサイズからAPS-Cへダウングレードして画質的には不利ですが、
使い勝手さえ良ければカメラはなんでも良い感じではあります。
…とは言え、"使い勝手が良い"のハードルは結構高く、それだけEOS KissMは入門機としては完成度が高いのです。

特に重視しているポイントは、リモート撮影のしやすさと、逆光撮影のしやすさです。
EOS KissMではこの点が上位機種並みになった事が大きいです。(EOS M5,M6とは決定的に違います)
あと、バリアングル液晶が付いているのもポイントです。

10月末にはフルサイズミラーレスの EOS Rが発売された事もあり、そちらに乗り換えてしまいましたが、KissM自体は手放さず使用頻度は落ちましたが使っています。



EF-M18-150mmF3.5-6.3 IS STM (111mmF16)
キットレンズの高倍率ズームです。
高倍率レンズって画質的には底辺なので敬遠しがちなのですが、背景をぼかさないで撮る分には問題ないですね。



EF-M18-150mmF3.5-6.3 IS STM (32mmF5.0)



EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F5.6)

カメラを高い位置に置いて望遠での撮影です。
カメラが自分の頭より高い位置にある時は、バリアングル液晶は大変便利です。

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F8.0)

ひまわりの十字路をはさんでの撮影。カメラは手前側の通路、角をはさんで向こう側の通路にドールが居ます。
カメラを手前側通路の端に置いていて、後ろが無い状況なのでバリアングル液晶を前側に逆転させてメニュー操作等を行いました。
こういう時もバリアングル液晶は大変便利です。

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F3.2)



EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F2.8)

100mmマクロばかり使ってますね。花と合わせて撮るには望遠マクロが便利なのです。
撮影距離は遠めになりますけど。

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F6.3)



EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.0)



EF-M32mm F1.4 STM (F2.8)

近距離から撮るならこのレンズ。
これと100mmマクロの2本あったら概ね用が足りますが、 出来れば中間の60mmのマクロレンズもあると良いですけどね。

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F2.8)



TOP