2019.08.03 EOS Rとドール撮影

EOS Rを購入してから9ヵ月ほど経ったので、主にドール撮影に使う場合においてのレポートをしてみます。重要度が高めの項目を最初の方に集めてます。 尚、特徴的にEOS KissMとかぶる部分が多いです。

あと、これまでの写真の使用レンズとF値を最後にまとめてますので参考まで。


■WiFi接続

WiFi接続でスマホやタブレットからカメラをリモート制御できるアプリ Camera Connect が提供されています。カメラから離れた位置でカメラからの映像をリアルタイムで手元で確認しながらシャッターを切ったり撮影結果を確認する事ができます。

背景に合わせて構図を仮決めした後で、ドールの位置やポーズを調整する際に、その場で映像が確認できるため、カメラとドールの間を行ったり来たりする必要がありません。(もはや、リモート撮影が出来ない昔のカメラには戻れない…)


Camera Connect のライブビュー画面から、絞りやシャッター速度、ISO感度などの基本的な撮影の設定を変更する事ができ、カメラと双方向に連動しています。カメラのバッテリー残量なども表示されます。

下の画面キャプチャはMFで撮影していた為AFフレームが表示されていませんが、AF使用時はAFボタンをタップするか、タッチフォーカスを有効にする事でオートフォーカスが行えます。AFフレーム位置指定はタップのみなので位置の微調整ができないのが残念ポイントですが、MF機能もあるためAF後の微調整が可能です。

尚、レンズのスイッチをMFにした場合やMFレンズを使う場合は、フォーカスの電動駆動が出来ないので、フォーカスリングを回す為にカメラの所まで戻る必要があります。

白い長方形の枠部分はタップ操作で移動、ダブルタップ操作で5倍に拡大表示する事ができますが、1.6倍クロップモード時は、3.125倍に倍率が低下してしまうのが残念ポイントです。拡大縮小はカメラ本体と連動していますが、カメラ側操作で10倍拡大にした場合は CameraConnect側は5倍止まりとなります。10倍にも対応して欲しいところです。(クロップ時はもっと倍率が欲しい…)

撮影結果を確認する画面です。下の方に撮影した画像のリストが表示され自由に選択できます。
ピンチアウト操作で任意の箇所を拡大表示する事ができます。

この確認画面のままシャッターを切る事も出来、自動的に最新の結果が表示されます。 拡大表示中の場合は同じ場所が拡大されたまま最新の写真に差し替えられるあたりはさすがにテザー撮影で鍛えられてるキヤノンという感じ。

スマホだと液晶が小さいですが、タブレットなら7インチ以上と大きく見やすい上に、 ピーカンで画面が見辛いような時もカメラはその場から動かさずに、タブレットを持って日陰に移動して見るような事も出来ます。 おかげで、撮影が終わって家に帰ってから失敗に気付くという事が激減しました。

再びライブビュー表示に切り替えて、顔の向きを再調整している所です。

足を拡大して、足の間に隠しているドールスタンドが見えてしまってないか確認している所です。

リックに付けた熊のぬいぐるみも向きを調整します。

残念ながら、カメラの設定やメニュー操作のすべてをCameraConnectから行える訳ではない為、場合によってはカメラを直接操作する事になります。現状、次の操作の時にカメラの所に戻って操作しているので、機能追加して欲しい所です。
・ストロボの調光補正、グループ毎の発光量指定
・撮影後のヒストグラム確認
・クロップモードのON/OFF

あと、絞りこみにも対応して欲しいですね。シャッター切ってしまえば確認できるとは言え…。

ちょいちょいカメラ側操作が必要になる為、アプリを接続したままの状態でもカメラ側の操作が可能でなければなりません。でないと、カメラ操作が必要になるたびに接続を切ったり、再接続したりする羽目になるからです。 EOS R や EOS Kiss Mは問題なく接続中もカメラの操作が可能ですが、 EOS M5等のちょい古い機種は操作不能です。リモートアプリは他社も出していますが、メーカーによっては接続中のカメラ操作が全然出来ない所もあるのでカメラ選びには慎重に…。

カメラ内の撮影画像をサムネイルで一覧表示するモードもあり、サムネイルは結構サクサク表示されます。画像をタブレットやスマホに保存する事もできます。

Wi-Fi接続の便利な事がもう一つ。撮影から帰ってきてPCの電源を入れログオンした後で、 カメラの電源を入れると、自動的にPCと繋がりその日に撮影した写真のみをPCに転送して日付毎にフォルダをわけて保存してくれます。ちょっと着替えて一休みしている間に全部自動でやってくれます。

基本的に、メモリカードをカメラから抜く事はないです。差しっぱなしだから、メモリカードを家に忘れるとかのトラブルも無いですし、カードを直接触らないから静電気等でデータが消える心配もありません。


■バリアングル液晶

上下及び左右の2方向に可動するのがバリアングル液晶です。使ってみる前は「あったらいいな」ぐらいの感覚でしたが、使いこんで見るとかなり便利。

下の写真は三脚のセンターポールを延長して高い位置からの撮影を行っている所です。 脚立が無いと液晶画面が見づらいシチュエーションですが、バリアングル液晶なら見やすい角度に調節する事ができます。

液晶を反転させて前に向けると、カメラを前方から操作する事もできるので、カメラのすぐ後ろが壁や池などの時でも撮影出来ます。

特に便利なのがロケーション探しの時で、ハイポジションやローポジションの構図確認が手早くできるのでとても効率が良いです。

余談ですが、縦撮りがしやすいようにL型ブラケットを使う場合は、横に開いた液晶が側面プレートに干渉しない物を選ぶ必要があります。
この辺の配慮が全くされていない製品が意外と多いので買う時は注意が必要です。 下写真はFUGASUNのL型ブラケットですが、側面プレートに切り欠きがある為、液晶を切り欠き部分に入れて上下方向に向ける事が可能です。

液晶パネルは3.15型で 210万ドットの結構良いヤツですが、反射防止コーティングが省略されているのは頂けません。ここは5Dシリーズ等上位機種なみにして欲しい所です。 ピーカンの時に液晶画面が全然見えないかギリギリ見えるかの差になったりするので、こういう所は手を抜かないで欲しいですね。コストにどれぐらい響くのかは知りませんが、この価格帯のカメラでは他社も採用していないみたいなので無理かもしれませんが…。

現在発売されているフルサイズやAPS-Cミラーレスカメラは上下方向にしか動かないチルト式の製品が多いこともあり、バリアングル液晶がEOS RやEOS KissMの特徴となっています。


■APS-Cクロップモード

キヤノンのカメラとしては初めて、APS-C用のEF-Sレンズを装着した場合に自動的に1.6倍にクロップされる機能が搭載されました。フルサイズ用のレンズを装着した場合もメニュー操作で1.6倍クロップを使う事が出来る為、望遠が足りない場合に活用できます。

1.6倍クロップ時は画素数が1160万画素に減りますが、実用上は特に問題ありません。 最終的には縮小するので判別は不可能です。

AFフレーム枠や、MF時の拡大表示枠のサイズも1.6倍されてしまうのが残念ポイントです。 そのせいで拡大表示した際に倍率が不足する事があります。

クロップ使用時はRAWファイルへの記録もAPS-Cの範囲のみになりますが、 表示だけ1.6倍で、RAWファイルにはフルサイズで記録されAPS-Cの範囲でトリミング枠が付くモードがあったら良いのにと思います。それができると構図の失敗をリカバリすることができるかもしれません。

5D MarkIVを使用していた頃は EF180mmF3.5L MACRO USM を持ち歩いていましたが、 今は 100mmマクロのクロップモードで撮っている為、荷物が減って助かっています。 EF180mmF3.5L MACRO USM は1kg以上ある上に全長が長くリュックの中でかさばっていました。 今後さらに画素数が増えるなら、2倍クロップ等もできるようにして欲しいですね。

クロップのON/OFF はメニューからの操作のみなのが残念ポイントですが、MYメニューに登録が可能なので短縮できます。できれば、ボタンやコントロールリングに割り当て可能にして欲しかった所です。


■レンズ

左から RF24-105mmF4L IS USM、EF100mmF2.8L IS MACRO USM、RF50mmF1.2L USM

ドール撮影に持ち歩いているのは、EF100mmF2.8L IS MACRO USM と RF50mmF1.2L USM の2本です。

一眼レフ用のレンズは EOS Rに乗り換える時にほとんど手放してしまったのですが、 EF100mmF2.8L IS MACRO USM だけは手元に残しました。これは私のドール撮影のメインレンズで、6〜8割はこれで撮ってます。とにかくボケが最高に綺麗なレンズです。 クロップモードで使う事も多いです。参考までに、このページの後ろの方に過去の写真とそれぞれの絞り値を記載しています。

広い範囲を撮りたい場合、寄って撮りたい場合、撮影距離が取れない場合はRF50mmF1.2L USMを使用します。F1.2というスペックは必要としていないのですが、とにかくボケが綺麗なレンズが欲しいので使っています。ボケの淵に色が付かないのが良いです。こちらも、 このページの後ろの方に過去の写真とそれぞれの絞り値を記載していますが、一番絞りを開けてる写真でF2.0です。

RF24-105mmF4L IS USMはその他雑多な用途用にしていますが、このレンズもズームレンズにしてはボケは悪くない印象で、ドール撮影もこれ1本で済ませようと思えば済ませられます。

今後のレンズについて…

現在は100mmで望遠が不足する場合はクロップモードで撮っていますが、150〜200mmクラスで良いレンズが出たら検討したいです。発売予定のRF70-200mmF2.8L IS USMは全長も短そうなのでちょっと興味ありますが、ズームレンズのボケで100mmマクロに匹敵するのは難しそうなので、それより、200mmF5.6ぐらいのマクロレンズを軽量細身で出して欲しいかなぁと思います。

RF50mmF1.2Lは太すぎ、重すぎなレンズなので、 RF50mmF2.5L MACRO USM あたりの軽量コンパクトで出ないかなぁと思ったりします。

あとは、16-35mmF4とか、70-300mmF4-5.6 あたりがでて欲しいところです。


■ストロボ同調最高シャッタースピード

新しいカメラが出ると真っ先に確認してしまうスペックがこれ。
EOS R の場合1/200です。スロトボ使用時のシャッター速度の制限値となるので、速ければ速いほど良いのですが、ほぼ下限値ですね。

ハイスピードシンクロはストロボが痛むので基本使いません。ND4フィルタとND8フィルタを常備しています。


■操作性

新しいユーザインタフェースのマルチファンクションバーを搭載しているのが特徴ですが、 さほど役にたつ物では無いです。カスタマイズで機能を割り当てる事ができるので、左タップにヒストグラム、スライド操作に拡大・縮小を割り当てていますが、まぁ別に無くても困らないです。

ISO感度、ドライブモード、AFモード等のボタンが個別に用意されていないのも残念な点です。柔軟にカスタマイズできるため、実用上は問題ありませんが、ボタン横にプリントされている機能と実態が異なるのはなんとも気持ち悪いものです。
ボタン割り当ては下記のように割り当てて使用しています。




ボタン機能
M-FnC1〜C3切り替え設定のまるっと切り替え。便利。
AF-ON絞りこみ絞りこみと露出シミュレーションの確認用
AEロックダイヤルファンクション主にISO感度変更用。ドライブモード変更もここから。
AFフレームAF方式1点AF、AFエリアの切り替えに。
MENUやはり右手で操作できないと。でも、「戻る」操作の時はMENUボタンそのものを押す必要があり、カスタマイズでは代用出来ないので、MENUボタンそのものを右側に付けて欲しいですね。
Wi-FiCameraConnectの接続用に。
AFフレーム 十字キーにAFフレームのダイレクト操作を割り当ててしまうと、それだけでカスタマイズ可能なボタンを4つ使ってしまいますが、この設定にしておくと、 初回だけ必ず右に押す必要があるものの、その後はダイレクト操作と同じように十字キーでAFフレームを自由に動かせるようになります。
(もちろん、割り当て先は上下左でも可能です)
ストロボメニューとても良く使うので。

RFレンズには、コントロールリングが追加され、任意の機能を割り当てできますが、 現実的には露出補正ぐらいしか使い道が無いかなぁという印象。長い望遠レンズ使用時には便利かと思います。あと、3ダイヤルになるのでマニュアル露出モードでISOオートを使う場合に露出補正が出来ます。

コントロールリングには、1.6倍クロップモードのON/OFFを割り当て可能にしてくれると ズームレンズみたいな使い方が出来て便利かなぁと思うので、機能追加して欲しいですね。


■ピクチャースタイル

写真の色合いなどの仕上がり具合を選べるのがピクチャースタイルで、あらかじめ標準意外にポートレートや風景などの種類がありますが、パソコンで自分で作ってカメラに登録する事が出来ます。

私は忠実設定をベースにカスタマイズした自分専用のピクチャースタイルをカメラに登録して使っていますので、RAW現像等を行わなくても好みの仕上がりのJPEGファイルが出来上がります。

明るさの微調整、トリミングで構図の微調整、ホワイトバランスの調整等は行うのでRAWで撮影しているものの、ピクチャースタイルのおかげで現像にはほとんど時間をかけません。


■画質

同じレンズ(EF100mmF2.8L IS MACRO USM)を使っていても 5D MarkIVよりシャープな写真になる印象です。ミラーショックが無いせいもあるかもしれませんが。

フルサイズセンサーなので、APS-CサイズセンサーのEOS Kiss Mよりは当然画質は良いです。ドール撮影の場合は高感度は使わないので、ノイズの類は重要では無いですが、 フルサイズの方が色の再現性が良いようには思います。

画素数は3030万画素と十分に多く、APS-Cクロップモード時も1160万画素あるので必要十分です。


■バッテリー

EOS一眼レフ中級機で使用されている LP-E6N バッテリーを使用します。 機材のセッティング中からWiFi接続で電源入れっぱなしで使うので普通の使い方よりバッテリー消費が激し過ぎて参考にならないと思いますが、 早朝から夕方まで撮影して2〜3個使う感じです。

EOS KissMのちょうど倍ぐらい持ちます。


■電子ビューファインダー(EVF)

大きくて見やすいです。RF24-105mm F4L IS USM を使う場合は高速表示の設定が可能になり、連写中もブラックアウトはしませんがEVFは流し撮りにはイマイチですね。動体撮影にはまだまだです。


■露出モード

Fvモードというのが新たに追加されましたが特に使い道は無いです。 メインダイヤルの機能をサブダイヤルで選択するという操作系になっている為、サブダイヤルで直接設定値を変更できるメリットが無くなります。これなら Av,Tv,Mモードを使った方が良いよなぁ…という感じ。

EOS R ではモードダイヤルを廃していて、モードがダイヤルの物理的な位置に縛られない為、EOS-1D Xの様にM-Fnボタン1発でカスタムモード(C1〜C3)を巡ぐりに切り替える事が出来ます。(1D Xのように巡ぐりできる選択肢を制限する機能はありませんが)
静物撮影用の設定から動体撮影用の設定に、人差し指操作一発で瞬時に設定を変更できたりする凄い機能なのですが、肝心のカメラ本体が動体撮影に強くはないというのが勿体ないですね。

尚、私はC1にTvモードで動体向け設定、C2にMモードで室内ドール撮影向け設定、C3に野外ドール撮影向け設定を登録して、通常のAvモードと合わせて4モードを切り替えて使っています。


■サブディスプレイ

ボディ右上にサブディスプレイが付いているのが特徴です。撮影の基本情報が表示される為、背面ディスプレイの方には撮影情報を一切表示させない設定にして使っています。ライブビューに文字やアイコンがオーバーレイ表示されるのはとても邪魔なので。

電源を切っても露出モードが表示されたままになる仕様ですが、どうせならAvモードなら絞り値、Tvモードならシャッタースピード、それとオートではない場合はISO感度も表示すれば良いのにと思ってしまいます。


■オートフォーカス

暗所AFへの強さがウリになっていると言う事で、EOS KissMと比べてみると、KissMではAFが迷いまくるような暗がりでもAFが利くのは良い感じです。

MFレンズでもAF機能の一部を使いたい人向けにフォーカスガイド機能が搭載されていますが、MFレンズは持っていないので全く使っていません。


■手ぶれ補正

手ぶれ補正機能はレンズ内補正と、ボディ内補正の2種類があり、最近の機種は両方とも搭載しているのがトレンドですが、EOS R はレンズ内補正のみです。

私が現在使用しているレンズでは、RF50mmF1.2L USMが手ぶれ補正を搭載していません。 また、EF100mmF2.8L IS MACRO USM は手ぶれ補正を搭載していますが、機能をOFFにしたまま使っています。

ドール撮影時は三脚を使用しているので手ぶれは関係無いと言うのもありますが、 手持ちで撮る時もISO感度はオートにしてシャッター速度を稼いだ撮り方をするので、そもそも手ぶれなどおきない為で、ぶっちゃけ手ぶれ補正要りません。

手ぶれ補正は手ぶれしか防いでくれませんが、シャッター速度を上げると手ぶれもだけでなく被写体ぶれも防ぐので、速めのシャッター速度にしておいた方が失敗写真は減ります。

そうすると、意図的に低速シャッターを使う時だけが手ぶれ補正の活躍時になるのですが、、そういう状況って相当限られるんですよね。まぁ、流し撮りする時に望遠レンズにだけ手ぶれ補正がついてれば用が足りるなぁ…と。

ISO感度オートの低速限界をちょい速め(+1)に設定していると手ぶれとは無縁になります。
(この設定は EOS KissM には無いのが残念)


■まとめ

思いつくままにつらつら書きましたが、 CameraConnect と バリアングル液晶搭載の2点において、 現時点では最もドール撮影に適したカメラと言って良いんじゃないかなぁと思います。

それだけだと EOS KissMも同等ですが、EOS KissMに対する優位性は画質と操作性とバッテリーの持ちになります。KissMのバッテリーは小さいので交換頻度が高くてめんどくさかったですね。

レンズの選択肢として、EF100mmF2.8L MACRO IS USMがとても素晴らしいので、これをメインレンズとして使えるのが良いです。EOS KissMで使うと160mm相当の望遠になりメインで使うには長すぎます。 EF-Mレンズでも 60mmぐらいの良いマクロレンズが出ると良いのですけれども。

EOS RPは使った事無いですがおそらく EOS Rとほぼ一緒です。しかしバッテリーが小さいので、KissMと同じように交換頻度が高くなります。画素数が EOS Rより少ないのでクロップした時はどうかな?というのもあります。


■作例

過去掲載の写真の、レンズ名とF値をそれぞれ記載しました。クロップ使用時も明記。 シャッタースピードは省略。ストロボ同調速度の制限がある為いずれも1/200以下です。ND4フィルタを使う事が多いです。(場合によってはND8)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F3.5)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F5.6)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.0)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.5)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.5, 1.6倍クロップ)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F5.6)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F5.6)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F6.3, 1.6倍クロップ)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F8.0)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.0)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.0)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F2.8)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F2.8)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.5)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F2.8)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F3.5)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F4.0)

EF100mmF2.8L IS MACRO USM (F3.2, 1.6倍クロップ)


RF50mmF1.2L USM (F2.8)

RF50mmF1.2L USM (F2.0)

RF50mmF1.2L USM (F5.6)

RF50mmF1.2L USM (F3.5)

RF50mmF1.2L USM (F4.0)

RF50mmF1.2L USM (F4.0)

RF50mmF1.2L USM (F2.2)

RF50mmF1.2L USM (F5.6)

RF50mmF1.2L USM (F3.5)



TOP