2019.12.30 年末

今年も終わりですね。
Windows7のPCをギリギリで10のに買い替えました。
RAW現像が早くなったので、過去の写真いくつか再現像して差し替えました。













去年カメラをEOS Rに買い替えてからの話は 8月にまとめましたので省略しますが、 その後、EFマウントレンズが2本も増えてしまいました。

TS-E135mmF4L は EF100mmF2.8L MACRO IS USMと比べて甲乙つけがたいほどボケが素晴らしく、ティルト機能が使えるアドバンテージもあって、ここ最近のメインレンズになっています。
ドール撮影のメインレンズだったはずのEF100mmをここ最近全く持ち歩いてないほどのインパクトがありました。

ドールの撮影は通常ドールの目にピントを合わせますが、目以外にもピントを合わせたい場所があり、かつフォーカス距離が異なる場合は通常のレンズだと絞り値を大きくして被写界深度を深くするか、フォーカス距離が同等になるような構図に変更するかの2択になります。
構図を変えたくない場合、絞り値を大きくする選択になりますが、背景ボケが得られなくなるため、これも悩ましいところです。

そういう時、TS-Eレンズのティルト機能でピント面を斜めにすれば2点にピントをあわせつつも絞り値は小さいままということが可能です。

下の写真は、ピント面を斜めにして、目と、それより手前にある右手にピントを合わせつつも開放のF4で撮影しています。ピントが目から右手にかけて斜めになっているため、目と撮影距離がほとんど同じ下半身がボケていて、地面も足元ではなく前側にピントが来ているのがわかります。
また、左上のもみじは奥側にあり、ティルトなしで撮った場合は形が全くわからないただの丸ボケになるところですが、上方ではピント面が後方に行っている為、なんとなくもみじであることが想像できる程度にエッジが出ています。
それでいて、開放F4で撮っているのでさらに後方の銀杏はとてもクリーミーにボケていてこれはもう最高のレンズなんじゃないかと思いました。


TS-E135mmが素晴らしすぎたので勢いで 50mm のTS-Eレンズにも手を出してしまいました。

50mmでの撮影は被写界深度が深い分135mmほどティルトを活かせるケースが多くなさそうですが、下の写真ではもう一方の機能であるシフトを使ってレンズの中心位置を顔の所までずらしています。

通常のレンズだと、写真の中心から淵に向かってパースが付きますが、 シフト機能はパースの中心位置を好きな位置に持っていく事が出来ます。
ちょっと足を長めに見せたいときに、広角レンズで顔を中心に、足を隅に置いて撮影し、 反対側をトリミングで切り捨てるというテクニックを使いますが、シフト機能を使うとトリミングなしで実現できます。 だいたい35mm で撮ってトリミングする場合と同じぐらいのパースが付く感じです。
35mmからトリミングしても画素数的には十分なので、このレンズが必要かと言ったら微妙です。35mmF1.4あたりを持っていたら35mmの方を持ち歩くかもしれませんね。

50mmとしては、私はRF50mmF1.2L USMも持っているので、どっちを持ち歩くかという悩ましい問題もあります。RFならF2以下での撮影ができ、TS-Eならティルト・シフトが可能… どちらを使う可能性が高いかといえばティルト・シフトの方ですが、 ボケはRFの方が良いとなるとこれはまた悩ましい。



TOP