2020.11.15 TS-Eレンズ

前々回の撮影から、TS-E24mmF3.5L IIを使っています。
迷走していたドール撮影用の広角レンズ選びはとりあえずこれで落ち着きそうです。

広角レンズでの撮影はパースの効きを意識する必要があり、 人物の頭などを画面の角に寄せた構図にすると顔が斜めに歪むので、 それが嫌なら頭は出来るだけ構図の中央に付近に入れる必要があります。
パースはレンズの中央から外側に向けて付きますが、TS-E24mmF3.5L IIのシフト機能を使うとパースの効きの中心位置を好きな所にずらすことができます。
また、ティルト機能でピント面を傾ける事が出来るので非常に表現の幅の広いレンズになっていますが、シフト機能とティルト機能を同時に使う場合はちょっと制約が生じます。

ティルトは、TSレボルビング機能により、ティルトとシフトを同じ方向に利かせる「平行」と90度傾けた「直交」から選べるようになっていて、中間の角度でも使用可能ですが、 時計回りで90度しか回転しない為、使えない角度が存在するのがイマイチな点です。

RFマウント版のティルトシフトレンズが出るという噂もあるので、 TS-R24mm を発売する際には、TSレボルビング機能は、ぜひとも、反時計回りにも90度回転するようにして欲しいです。

あと、AF化の噂もあるようですが、AFなんかよりも、シフト量、ティルト量、レベルビング角度などを EXIF に記録されるようにして欲しいですね。後からわからなくなっちゃうので。




尚、TS-E135mmF4L も同じ仕様ですが、望遠だとパースは気にしないのでシフト機能自体全然使わないんですよね。ティルトは使いまくりですが…。

TS-E50mmF2.8L はボケが気に入らなかったので手放してしまいました。
RF50mmF1.2L USM とどっちを持ち歩くか考えた時に、 標準の画角だとシフトもそんなに重要じゃないのと、RF50mmF1.2L の描写の良さが決め手に。

今、所有しているレンズは
TS-E135mmF4L
TS-E24mmF3.5L II
RF50mmF1.2L USM
RF24-105mmF4L IS USM
RF15-35mmF2.8L IS USM
の5本です。TS-E以外のEFマウントレンズは全部手放してしまいました。


TOP